おすすめ記事

 

おすすめBTOパソコンメーカー

迷ったらココ!

\おすすめBTOパソコンメーカーTOP3!/

ストーム

最強コスパ!

公式サイト

パソコン工房

安定の安さ!

公式サイト

ツクモ

安心の老舗!

公式サイト

私自身がコスパ志向ということでおすすめのBTOメーカーは価格の安さに優れたメーカーを挙げさせてもらっています。

もちろん人によって何を重視するかはバラバラです。例えば納期重視であったり、デザイン重視など。

BTOパソコンメーカーによって特色は本当に色々ありますのでメーカー選びも実は重要だったりしますね。

下記記事にてBTOパソコンメーカーの比較や特徴について解説していますので是非参考にしてみてください。

【2022年】BTOパソコンおすすめメーカーはどこ?20社徹底比較

続きを見る

 

おすすめゲーミングPC

ここではコスパ志向の方向けのゲーミングPCを紹介しておきます。

基本的に現状のゲーミング市場ではこの中から選択いただければ満足いくかと思われます。

選考ポイント

  • 快適にゲームプレイ出来る(144fps)
  • 同スペックでも安いモデル

 

ただどうせ買うならハイエンドでしょ!とかもっと安いのが欲しいとかあるかもしれません。

そのような方向けに下記記事にて紹介もしていますので是非参考にしてみてください。

【初心者必見】ゲーミングPCおすすめランキング2022年版【全9機種】

続きを見る

 

1位:G-GEAR GA7J-F221/ZB2

CPU Intel Core i7-12700
グラボ RTX 3070Ti
メモリ 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2規格)
電源 750W 80PLUS GOLD認証
ケース G-GEAR  ミドルタワー
OS Windows11 Home

ツクモ公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • RTX3070Ti搭載で高スペック
  • RTX3070Ti搭載では業界最安値
  • 安心のツクモ

今最もおすすめのゲーミングPCはツクモから発売されている『G-GEAR GA7J-F221/ZB2』です。とりあえずスペック不足による後悔をしたくない方におすすめです。

自分が今からゲーミングPC買うならこれを買うかなと思います。それほどの性能と価格を実現してくれています。

RTX3070Ti 搭載ほぼ全てのゲームを超快適にプレイすることができます。具体的に言えばApexLegendsなどのFPSでも240fpsでプレイ可能です。

フルHDで遊ぶのであれば今後しばらく困らない性能で、かつ4Kやレイトレーシングで遊ぶことも視野に入れることができるコスパに優れた1台です。

CPUがIntel最新12世代のi7-12700とかなり高性能です。

SSD1TBと比較的容量も多くストレージには困らないかと思います。不安な場合はHDD増設カスタマイズもおすすめですね。

とりあえずゲーミングPCどれ買おうか迷っているならコレを一押ししたいゲーミングPCとなります。

 

2位:PG-PH12

CPU Intel Core i5-12400
グラボ RTX3060
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
電源 850W 80PLUS GOLD認証
ケース METALLICGEAR NEO AIR ミドルタワー
OS Windows11 Home

ストーム公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • RTX3060で144fps安定
  • 強化ガラスサイドパネル

第2位はストームから販売されている『PG-PH12』です。コスパ重視ならこれがおすすめです。

RTX3060搭載のゲーミングPCということでフルHDであれば画質設定にもよりますが、144fps安定プレイ可能な性能となっています。

価格面も16万円台と高過ぎることもなく、個人的には最低限これくらいの性能は欲しいなといった性能のゲーミングPCです。

ストレージはSSDが500GBのみなのでたくさんゲームをプレイしたい方やデータを保存しておきたい方には少し少ないかもしれません。

私はメインストレージ1TBのSSDを使用していますが、知らぬ間に容量を圧迫してきており困ったものです。

外観を見てもサイドパネルが強化ガラス採用で内部が見える構造になっておりデザイン面でも優れていると思います。

ケースがミドルタワーで電源が850W 80PLUS GOLD認証と品質も良く容量も十分ですので将来性もあります。

かなりコスパに優れた1台です。

 

3位:LEVEL-M06M-124-RJX

CPU Intel Core i5-12400
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
電源 500W 80PLUS BRONZE認証
ケース InWin EM058 ミニタワー
OS Windows11 Home

パソコン工房公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • 144fpsは出る(張り付きは厳しい)
  • 最長4年保証
  • キーボード・マウス付属

3位はパソコン工房から販売されている「LEVEL-M06M-124-RJX」です。安さ重視ならこれがおすすめです。

フルHDゲーミングであれば144fpsを軽く出すことが出来ます。しかしFPSなどでは描写の激しくなる戦闘シーンなどでは100fpsくらいまで落ち込んだり144fps張り付きでのプレイというのは厳しい性能になります。

GTX1650など更に安く手に入れることができますが、可能ならばGTX1660 SUPERを、さらにはRTX3060くらいは選んでおくと後々の「もう少し良いのを買っておけば...」という後悔は無くせるかなと思います。

 

グラボ性能目安
グレード 性能目安
RTX3090 Ti 4K高画質
RTX3090
RTX3080 Ti 4K
WQHD高画質
RTX3080
RTX3070 Ti WQHD
フルHD240fps安定
RTX3070
RTX3060 Ti フルHD144fps安定
(240fpsも狙えるが安定ではない)
RTX3060
GTX1660 Ti フルHD144fps
(場面によっては100fpsくらいまで落ち込む)
RTX3050
GTX1660 SUPER
GTX1650 フルHD100fps

ゲーミングPC選びで迷っている方はやりたいゲームをどのような環境(フレームレート , 解像度)でプレイしたいか明確にしてそれを満たせるグラボを選ぶようにすると良いでしょう。

BTOではグラボさえ決めてしまえば最適なCPUや電源が搭載されているのでスペック選びに迷いが無くなります

基本的にはモデルそのままの状態で購入して構いませんが、用途によってはCPUやストレージなどはアップグレードした方が良い場合もあります

詳しいゲーミングPCの選び方については下記記事にて解説していますので是非参考にしてみてください。

初めてのゲーミングPCの選び方を徹底解説

続きを見る

 

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5