キーボード

【BlackWidow V3 TKLレビュー】Razerのテンキーレスキーボード

ゲーミングキーボードの鉄板中の鉄板であるRazer Blackwidow

今回はそんなBlackwidowのテンキーレスモデルをレビューしていきます。

 


 

外観や仕様

 

 

内容

  • キーボード本体
  • 説明書

内容は上記の2つのみで至ってシンプルでした。

日本語配列とUS配列の2種類があるのでお好みのほうをどうぞ。

私はイキってUS配列を買ったのですが、US配列苦手だったのでメインとしては使っていけなさそう。

 

外観

キーの質感としては、少しザラザラした感じで指紋汚れが付きにくそうです。

逆にフレームは指紋が目立ちやすいので極力触らないようにしたいところ。

 

裏面はどのキーボードも大体同じですね。

四隅に滑り止めのラバーと角度調節用のスタンドが左右に付いています。

 

USBケーブルの着脱は不可となっています。

別に着脱可能というのが必須なのかと言えば全然そんなことは無いと思うので問題はありませんね。

 

USBは接続部分にキャップが施されています。

もちろん簡単に抜くことが出来ます。

USBはRazerの象徴である黄緑のカラーリングです。

別にRazer信者では無いけどちょっと良いなと思ってしまいました。

 

 

横幅は約36cmでした。

テンキーレスキーボードでは35.5cmが多いのかなと思うので若干横幅は広めですかね。

まぁ誤差みたいなもんです。

 

角度調整

 

3段階から角度調整が可能となっています。

特に何度なのかとか表記は無かったのでわからないです。

表記があった所でふーん程度にしか思わないだろうからいいと思いますけど。

 

ソフトウェア

インストールディスクなども付属していませんので、キーボードをPCに接続すれば勝手にソフトのインストールが開始されます。

RAZER SYNAPSEが基本的なデバイスのイルミネーション設定などが出来るソフトです。

その他にもオプションでいくつかインストール推奨してきます。

RAZAER SYNAPSEとCHROMA STUDIOを入れとけばいいんじゃないですかね。

 

CHROMA STUDIO

  • より細かくライティング設定が可能
  • 複数のRazarデバイスの同期が可能

 

打鍵音・使用感

 

チャタリング

ちょっと古いレビューにはなりますが、Amazonのトップレビューはチャタリング発生がひどいというのが多かったです。

実際に使ってみたんですが、特にチャタリングは起こりませんでした

正確にはいつのかは分かりませんが、ソフトウェアアップデートによって対策されてみたいです。

チャタリングに関しては心配はいらないのでご安心ください。

 

悪い所

ケーブル収納

裏面にケーブル収納する溝があるというのは序盤に紹介したんですけど、いざ横からケーブル出そうとしたら結構窮屈。

あんまりケーブルって無理な感じに曲げたくないんですけど、曲げざるを得ないので断線の恐れがあるのが恐い。

e元素のキーボードはそのまま真横に出すことが出来るから曲げずに済むので、あいつは中々優秀ですね。

 

今はイエロー軸が売っていない

今回購入したのが、グリーン軸といっていわゆる青軸です。

で、本当は欲しかったイエロー軸、これが赤軸みたいな感じです。

イエロー軸モデルもあるんですけど、今は販売していないっぽいです。

しかし、今回グリーン軸(青軸)を購入して分かったけど苦手だなこれは。

なので私情になりますが、青軸キーボードのレビューはあまりやらないと思います。

 

 

まとめ

ポイント

  • 王道メーカーRazer製でテンキーレス
  • 今はイエロー軸が無いので青軸が好きな方向け


ゲーミングPC

2023/2/3

【2023年】RTX4070 Ti搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

ハイスペックグラボRTX4070 Ti搭載のおすすめゲーミングPCを紹介しています。 パソコン工房が圧巻のコスパを見せつけていますので、こだわりがなければ費用を抑えられるのでおすすめです。 他にもデザイン性やスペック重視という方向けのモデルも紹介していますので是非ご覧ください。 RTX4080搭載ゲーミングPC 一覧 特徴 モデル メーカー おすすめ度 コスパ重視 LEVEL-R779-LC137-ULX パソコン工房 5.0 デザイン重視 PG-X47Ti ストーム 4.0 高性能CPU LEVEL-R ...

ReadMore

ゲーミングPC

2023/2/3

【2023年】RTX4080搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

ハイスペックグラボRTX4080搭載のおすすめゲーミングPCを紹介しています。 パソコン工房が圧巻のコスパを見せつけていますので、こだわりがなければ費用を抑えられるのでおすすめです。 他にもデザイン性やスペック重視という方向けのモデルも紹介していますので是非ご覧ください。   RTX4080搭載ゲーミングPC 一覧 特徴 モデル メーカー おすすめ度 とりあえずコレでOK LEVEL-R779-LC137KF-VLX パソコン工房 5.0 白ケース ZEFT Z32N SEVEN 4.0 ライテ ...

ReadMore

ゲーミングPC

2023/2/3

【2023年】RTX4090搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

本記事ではRTX4090搭載のおすすめBTOゲーミングPCを紹介しています。 現状発売されたばかりの最新グラボなのでまだBTOパソコンとしては販売していないメーカーも多いですが、とりあえずコンセプトが明確なモデルを厳選しておきました。コスパ重視やデザイン重視などコンセプト別に紹介していますので希望のモデルが見つかるかと思います。   RTX4090搭載ゲーミングPC 一覧 特徴 モデル メーカー おすすめ度 コスパ重視 LEVEL-R779-LC139KF-XLX パソコン工房 5.0 ゲーム用 ...

ReadMore

ゲーミングPC

2022/10/25

G-GEAR neo GX9J-Z221/ZBの性能レビューと評価【ツクモ】

特徴まとめ 最高品質電源を搭載 最強スペック 納期は遅め ツクモの『G-GEAR neo GX9J-Z221/ZB』の性能やスペック解説をしています。 最強CPU×最強グラボのハイエンドゲーミングPCが欲しい方は必見です。 高スペックパーツは納期を必要とするみたいで出荷目安は7日営業日と遅めですが、RTX3090 Ti搭載ゲーミングPCが軒並みBTOメーカーから姿を消している今、他の選択肢はありません。 ツクモ公式サイトで見る   目次1 G-GEAR neo GX9J-Z221/ZBのスペック ...

ReadMore

ゲーミングPC

2022/9/25

G-Tune EL-Bの性能レビューと評価【マウスコンピューター】

特徴まとめ コンパクト 無線LAN&Bluetooth対応 コスパが悪い マウスコンピューターの『G-Tune EL-B』の性能やスペック解説をしています。 一般的なミニタワーよりさらに小さなキューブ型に近いG-Tuneハンドル付きミニタワー採用で置き場所にもあまり困らないコンパクトゲーミングPCです。 デスクトップパソコンでは少ない標準で無線LANやBluetoothにも対応で嬉しいと感じる方も多いはず。 いかんせん他社競合モデルに比べるとコスパの良さに欠けてしまうのが難点です。 G-Tune 公式サイ ...

ReadMore

-キーボード

© 2023 がじぇけん Powered by AFFINGER5