ガジェット キーボード

【e元素キーボード レビュー】安いくせに中々スゴいけど悪い所も目立つよ

2021年2月13日

イスイ
e元素のゲーミングキーボードすごく安いから良さそうだけど実際どうなの?

このような疑問を解決すべく実際に購入してみたのでレビューしていきます。

 

これからPCでゲームを始めてみたい方、ゲーミングキーボードに興味があるのではないでしょうか?

しかし、中々いい値段しますよね。

そこで、格安のメカニカルキーボードがe元素というメーカーから発売されています。

ぶっちゃけ知名度は高いとは言えないし、中華メーカーで格安ということで不安に思う方もいるでしょう。

実際に購入してみたので、率直な感想をお伝えできればいいなと思います。

 

ポイント

  • 4千円台とかなり安い
  • 赤軸or青軸or茶軸モデル
  • 値段相応の悪い所も目立つ
  • 普通に使う分には問題は無し

 


 

外観や仕様

外箱は茶色で化粧はされていませんが、ちょっとだけ柄が入っています。鷹かな?

開けてみての第一印象としてはカッコいいだった。まぁまだプチプチに入った状態ですけど。

個人的に今まで黒のキーボードしか使ってこなかったからっていうのもありますけどね。

今回購入したのがホワイトですが、ブラックもありますのでお好みの方をどうぞ。

 

内容

  • キーボード本体
  • 説明書
  • キートップ抜き
  • キースイッチ×5個

ちょっとビックリしたのが、キースイッチの予備が付属していること。

イスイ
え、この値段でキースイッチまで付いてくるの?

 

外観

 

デザインも個人的には安っぽさは感じられないです。

ゲーミングっぽいっちゃゲーミングっぽいんじゃないでしょうか。

 

横幅は31cmと一般的なテンキーレスキーボード(35.5cm)よりも更にコンパクトになっています。

矢印キーやその上に付いているキーが、縦に並んでいてギッシリと詰め込まれています。

 

裏面はこんな感じです。

滑り止めのラバーが四隅に、角度調整用のスタンドが左右に付いています。

 

ちなみにケーブルは着脱式でType-Cのものを採用しています。

 

 

角度調整

よくあるキーボードって感じです。

 

良いところ

価格がとにかく安い

RGB ケーブル着脱 サイズ 価格
e元素 66%? ¥4,799
Alloy Origins Core TKL ¥11,980
K835 × × TKL ¥6,500

RGB対応、ケーブル着脱可能、サイズコンパクトと割と機能面で優れていますが、Amazon価格で¥4,799円と非常に安いです。

今回私が買ったのが赤軸モデルですが、青軸、茶軸モデルも販売しています。

メカニカルキーボードが欲しいけど、そんなに高い金払いたくないという方にはおすすめです。

 

RGB制御

キーボードのキー入力でRGBの制御が出来ます。

FN +( PGDN) 14種類からバックライトモード変更
FN + (↑/↓) 明るさ調整(5段階)
FN + (←/→) アニメーション速度変更
FN +( -/+) 単色切り替え(白、紫、青、シアン、緑、黄、赤)

ソフトでの制御ではないのでソフト上で視覚的に設定などはできませんが、キーボードだけで色々と設定可能です。

Amazonの説明書きにはバックライトモード変更は10種類と書いてあったのですが、実際は14種類ありました。

明るさ調整で一番暗くするとLEDをOFFにすることも出来るので、ライト消したいかもという方で安心です。

LEDも綺麗に光ってくれています。

ケーブル収納

ケーブル収納部分が裏側にあり、上記画像のように横にケーブルを出すように出来ます。

もちろん左右対応でデスクレイアウト的に横に出したいという方におすすめです。

今まで使ってきたキーボードは、こんな収納は出来なかったのでここでもまた安いくせに優れている面です。


 

ダメなところ

ただ、やっぱり安い製品です。

個人的にダメなところが盛りだくさん。

 

ケーブルの着脱やり辛い

ケーブル着脱可ではあるんですけど、着脱が超やり辛い。

溝になっていて手というか指というかが引っかかって可動域が無さすぎる。

その為ケーブルを抜くのが困難。まだ、刺す時はマシ。

とはいえ、そんなに何度もケーブル着脱しないとは思うので許容範囲かな?

 

ケーブルに傷が付く

良いところで紹介したケーブル収納なんだけど、爪への引っ掛かりが強すぎる。

ちょっとやそっとの力じゃケーブルが抜けなくなるから無理やり抜くしかないんですが、爪で引っ掻いちゃうので傷になる。

一度付いた傷は取れないから、これはちょっと見過ごせない。

出来れば、レイアウトしっかり考えて何度も変更しないようにしたいところです。

 

ネジが丸見え

四隅にネジ止めされていてそれが隠されていない。

未だかつてこんなキーボードは見たことがないです。

安っぽさが全面的に出てしまっている。

 

 

US配列のみ

US配列しかないため、使い慣れていない人は多少慣れが必要だと思います。

イスイ
何が違うの?

上記写真を見た通り、エンターキーが横長で縦が短いんです。

私自身ずっと日本語配列キーボードしか使ってこなかった上に、エンターキーの上のあたりを押しているっぽい。

それがUS配列だとエンターキーの上のキーを押してしまうことが多々ありました。

 

打鍵音・使用感

Outemu製のキースイッチが採用されているみたいですが、これが中々に良かったです。

比較的軽めの音でまさに赤軸を体現する「スコスコ」と音がします。

底打ちの音もあまりせず、気持ちの良い音だけが聞こえるといった感じで、個人的に打鍵音はかなり気に入っています。

 

まとめ

良い所

  • 4千円台と安い
  • 普通に使う分には問題ない
  • RGBが綺麗
  • 打鍵音は良い

ダメな所

  • デザインに難あり(ネジ丸見え)
  • USB着脱やり辛い
  • USB収納で傷つく
  • US配列のみ

ネジ丸見えだったり、USB収納の爪で引っ掻いて傷ついたりと作りの甘さは気になりました。

大半の方は日本語配列に慣れているかと思いますので、エンターキーの小ささ等は慣れが必要かもしれません。

ですが、4千円台でRGB対応、メカニカルキーボード、キースイッチ予備付属というのはシンプルに凄い。

普通に使う分には全然問題もなく、打鍵音も個人的にかなり好みでした。

とにかく安くゲーミングキーボード買いたいならおすすめです。


ブログ運営

2021/10/5

【2021年7月8月9月ブログ運営】サボったサボった

こんにちは、イスイ(@isui5jp)です。 早いもので今年も残すところ3か月だけとなりました。3/4が終わりだなんて。 しかもこの3か月はさぼりにサボってしまうという事態。 10月からは頑張って再開するということで7月8月9月分の月次報告を行っていきます。   目次1 運営報告1.1 PV数・投稿数1.2 収益2 今後について2.1 YouTubeは一旦休止2.2 とりあえず150記事2.3 ネタに困る未来もそう遠くない 運営報告 PV数・投稿数 月PV数 投稿数 総記事数 2020年9月 5 ...

ReadMore

BTO

2021/10/3

【2021年】RTX3080Ti搭載のおすすめBTOパソコン紹介

はてな RTX3080Ti搭載のおすすめゲーミングpcが知りたい このようなお悩みを解決します。 目次1 RTX3080Tiの性能2 RTX3080Ti搭載おすすめモデル2.1 コスパ重視:ZEFT R32DG2.2 見栄え重視なら:PG-DD92.3 とにかくハイスペック:HP-Z-CM-SP2.4 変態スペック デュアル水冷:G-Master Hydro Z590 Extreme3 まとめ RTX3080Tiの性能 RTX3090 > RTX3080Ti > RTX3080 > RT ...

ReadMore

BTO

2021/10/2

【2021年】RTX3060搭載のおすすめBTOパソコン紹介

はてな RTX3060搭載のおすすめゲーミングpcが知りたい このようなお悩みを解決します。   目次1 RTX3060の性能2 RTX3060搭載おすすめモデル2.1 とにかく安く:GA5J-D211T_CP32.2 コスパ重視なら:EN-Z-CM2.3 性能とデザインの両立:FRGBZ590/SG13 まとめ RTX3060の性能 RTX3080Ti > RTX3080 > RTX3070Ti > RTX3070 > RTX3060Ti > RTX2070 Su ...

ReadMore

BTO

2021/10/2

【2021年】RTX3070Ti搭載のおすすめBTOパソコン紹介

はてな RTX3070Ti搭載のおすすめゲーミングpcが知りたい このようなお悩みを解決します。   目次1 RTX3070Tiの性能2 RTX3070Ti搭載おすすめモデル2.1 GA7J-G212/T2.2 FRGH570/SG22.3 PP-Z-3070Ti RTX3070Tiの性能 RTX3080Ti > RTX3080 > RTX3070Ti > RTX3070 > RTX3060Ti > RTX3060 性能的にはこんな感じです。 RTX3070の上位と ...

ReadMore

ブログ運営

2021/10/4

【2021年6月ブログ運営】これがブログで稼ぐ厳しさなんよな

  目次1 運営報告1.1 PV数・投稿数1.2 収益1.3 今月伸びた記事2 娯楽はブログの敵3 今月の目標 運営報告 PV数・投稿数 月PV数 投稿数 総記事数 2020年6月 5586 0 58 2020年7月 5728 0 58 2020年8月 5579 0 58 2020年9月 5219 0 58 2020年10月 5043 0 58 2020年11月 6281 15 67 2020年12月 11213 25 83 2021年1月 14680 17 99 2021年2月 15320 9 ...

ReadMore

-ガジェット, キーボード

© 2021 がじぇけん Powered by AFFINGER5