PC関連 ゲーム

【初心者必見】PCゲームの始め方と必要なものとは?

2021年1月10日

悩み
パソコンゲームをやってみたいんだけど、どうやって始めるの?何が必要?

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • PCゲームで必要なもの
  • あると便利なもの
  • PCゲーム買い方
  • PCゲームのメリット・デメリット

 

昨今のeスポーツブームでPCゲームに興味を持たれた方が多いのではないでしょうか。

しかし、PCに詳しくないとどうすればいいのか何が必要なのかあまり分かりませんよね?

そこで、PCゲームの始め方・必要なものを詳しく解説していきます。

PCゲームに興味を持っている方に少しでもお力添え出来るように頑張ります。

 

イスイ
PCというものは本当に良いものです。是非始めてみましょう!

 

 

どんなゲームがプレイできる?

基本的にPS4やXbox向けに販売されているものはPCでもプレイできます。

ただし、PS4限定でPCではプレイできないタイトルも多数あったりします。

有名なタイトルだとラストオブアスとかですかね。

これはPCではプレイできません。

 

しかし、後ほどPC版も発売される可能性もあります。

Detroit:Become Humanとかは最初PS4のみで、かなり経ってからですがPC版も発売されています。

 

逆にPC版のみのタイトルもあったり、PC版のほうがリリースが速い場合もあります。

いざ考えるとなるとあまり思いつきませんが、PUBGなんかは最初PCのみでしたよね。

 

PCゲームをプレイする上で必要なもの

PC本体

''PCゲーム''ですから当然パソコン本体が必要になります。

 

一応この記事を見てくださっている方は、パソコンでゲームをしたいと考えている方だと思います。

なので、家電量販店で販売されているようなパソコンではダメです。

いわゆる、ゲーミングパソコンが必要になってきます。

 

その理由を解説します。

あなたが何のゲームをプレイしたいと考えているかは分かりませんが、基本的にPCゲームは負荷が大きいです。

ゲーミングPCで注目したいパーツが、CPU,メモリ,グラフィックカードの3つです。

特に最も重要視されるのが、グラフィックカードというものです。

グラフィックボード(NVidia Geforce RTX 2080)

 

適当に家電量販店で販売されていそうな富士通のパソコンのスペックを引っ張ってきました↓

基本スペック
筐体 省スペース CPU種類 第10世代 インテル Core i7 10700
CPUスコア 17512 CPU周波数 2.9GHz
コア数 8 コア 二次キャッシュ容量
三次キャッシュ容量 16MB メモリ容量 16GB
メモリ最大容量 64GB メモリ種類 DDR4 PC4-23400
全メモリスロット数 4 空メモリスロット数 2
ビデオチップ Intel UHD Graphics 630 ビデオメモリ

価格ドットコム-FMV ESPRIMO DHシリーズより引用)

こちらのスペックを見ていきます。

CPU:Intel Core i7-10700

これはゲーミングパソコンでも使われている良いものなので問題はありません。

 

メモリ:16GB

メモリは最低限8GB欲しいところですが、16GB搭載しているのでこれも問題はありません。

 

ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630

ここが問題です。

ビデオチップというのは上で述べたグラフィックボードと同じ役割と考えてください。

Intel UHDとうことでCPUに内蔵されたグラフィックを使っています。(オンボードグラフィックといいます。)

なので先ほどお見せした写真のようなグラフィックボードを搭載していないんですね。

最近のオンボードグラフィックはそれなりに性能はいいですが、ゲームのグラフィックも同時に進化しています。

一昔前のゲームであればそれなりに快適にプレイできるかもしれませんが、APEXやPUBGなどは快適にプレイできません。

 

どこで買うの?

では、家電量販店で買わないとなるとゲーミングパソコンとうのはどこで買うのか気になるかと思います。

ゲーミングパソコンの入手法は主に2つあります。

  • BTOショップで購入
  • 自作する

 

まず一つ目はBTOショップで購入という手段。

>>>BTOパソコンとは?メリットやデメリット、ショップ紹介

 

もう一つは自作PCを組み立てる方法

>>>自作PCって結局どう?メリット・デメリット紹介

 

この記事を見てくださっている方はPC初心者かなと思うので、BTOショップでの購入をお勧めします。

【2021年】BTOショップ比較!おすすめメーカーはココ!

続きを見る

 

また先ほど紹介した富士通のPCが16万円くらいです。

16万円のゲーミングパソコンとなると大体のゲームをかなり快適にプレイすることができます

 

今だとおすすめのパソコンはRTX3060Ti搭載のパソコンかRTX3070搭載のパソコンです。

更に予算に余裕があるならRTX3080搭載のパソコンは物凄くスペックが高いのでありです。

 

モニター

 

PCの映像を出力するためにモニターが必要になります。

ノートパソコンであればモニターは必余ありませんが、個人的にはゲーミングパソコンはデスクトップをおすすめします。

ノートパソコンは単純にコスパが悪く、メンテナンスがしづらく、冷却にも優れません。

なので、モニターは必要かと思います。

 

特にこだわりがなければ24インチモニターは1万強で買えます。

 

が、おすすめは高リフレッシュレート対応モニターです。

>>>ゲーミングモニターは必要か?必要な人とそうでない人 

特にFPSやバトロワをプレイしたいと考えているなら絶対に導入したほうが良いです。

 

144Hzモニター

 

240Hzモニター

 

 

キーボード

PCゲームではキャラクターの移動が基本的にキーボードのWASDキーで行われます

 

W:前進

A:左

D:右

S:後退

みたいな感じです。

 

 

操作性や打鍵感触的にメカニカルキーボードというものをおすすめします。

特にゲーム目的なら赤軸キーボードがおすすめです。

キーの押し圧が軽く長時間プレイしても指が疲れにくいです。

打鍵音も心地よいスコスコといった音で、比較的静かなので通話しながらでも相手の邪魔になりにくいです。

少しお値段が張りますが、快適な操作ができるようになると思います。

ガジェット キーボード

2021/5/10

Razer Huntsman TEレビュー!ゲーム特化したRazerの決定版テンキーレスキーボード

待望のRazer Huntsman Tournament Editionの日本語配列がこの度販売されたということでレビューしていきたいと思います。 とにかくゲームに超特化したキーボードでかなり良いと思いました。 ポイント 押下圧が軽くて反応速度が速くゲームに超特化 不足のないスペック イルミネーションは少し弱めか リンク 目次1 Razer Huntsman TEが最強2 Razer Huntsman TE 外観や仕様2.1 Razer Huntsman TE 内容・付属品2.2 Razer Huntsm ...

ReadMore

ガジェット キーボード

2021/3/16

【Blackwidow Liteレビュー】静音化も出来るコスパに優れたキーボード

Razer Blackwidow Lite JP Mercury Whiteを購入しましたのでレビューします。 とりあえずRazerの製品ということで問題ないだろうというのとホワイトカラーに惹かれて購入しました。 ポイント テンキーレス 白いキーボード(黒もあり) オレンジ軸 静音リング付属 このキーボードの特徴を簡単に説明するならこんな感じでしょうか。 リンク 目次1 Blackwidow Lite 外観や仕様1.1 Blackwidow Lite 付属品1.2 Blackwidow Lite 外観1. ...

ReadMore

ガジェット キーボード

2021/3/13

【GK320レビュー】あのhpの激安青軸ゲーミングキーボードの実力やいかに

hpから発売されている激安3千円台の青軸キーボードを購入しましたのでレビューしていきたいと思います。 いくつかキーボードをレビューしていますが、さすがに安いこともあって最低の評価ではあります笑   リンク 目次1 HPについて2 外観や仕様2.1 内容・付属品2.2 外観2.3 裏面2.4 角度調整2.5 USBケーブル3 ライティング3.1 発光パターン3.2 明るさ・速度調整4 打鍵音・使用感5 まとめ HPについて hpって聞いてすぐに分かる人がどれくらいいるのかは分かりません。 hpはヒ ...

ReadMore

ガジェット キーボード

2021/2/25

【2021年】赤軸のおすすめゲーミングキーボード5選!【ゲーマー必見】

はてな 赤軸キーボードが気になっているけど、どれがおすすめ?たくさんあってよく分からない。 このようなお悩みを解決します。   本記事の内容 赤軸のおさらい おすすめの赤軸キーボード紹介 これからPCでゲームを始めようとしていて、キーボードを何にするか迷っている方いるのではないでしょうか? ゲームにはメカニカルキーボード、更には赤軸というものが向いています。 本記事ではおすすめの赤軸ゲーミングキーボードの紹介と、何故赤軸がゲーム向きなのかを解説したいと思います。   目次1 赤軸とは? ...

ReadMore

ガジェット キーボード

2021/3/21

【ROG STRIX SCOPE TKLレビュー】これは買いな銀軸キーボード

ASUSより発売されているROG STRIX SCOPE TKLの銀軸モデルを購入いたしましたのでレビューしたいと思います。 結論から申し上げますと、今までのキーボード史上トップクラスに良いと思える、そんなキーボードでした。 ポイント 安心のASUS ROGブランド 高級感が凄い スピード軸とも言われる銀軸モデル 超綺麗なライティング リーズナブルな価格 こういったポイントを見ていきます。 リンク 目次1 ROG STRIX SCOPE TKL 外観や仕様1.1 ROG STRIX SCOPE TKL 内 ...

ReadMore

 

マウス+マウスパッド

マウスもPCの操作に当然必要ですし、ゲームプレイにも使用します。

キーボードがキャラの移動でしたが、マウスはキャラの視点を動かすのに用います。

 

マウス選びは結構難しくて、FPSなどでは一般的にはローセンシ(視点感度が低い)では軽いマウス、ハイセンシ(視点感度が高い)では重ためのマウスが良いといわれてます。

私自身は低すぎず高すぎずといった感じで、使用しているマウスがLogicool G PRO X SUPERLIGHTというマウスです。

 

マウスパッドはぶっちゃけなんでもいいかなと思います。

有名なゲームデバイス販売メーカーのものなら良品です。

Logicool , Razer , SteelSeries , Artisanなどが一応おすすめかな。

>>ARTISAN 零レビュー!非常に良いマウスパッド

 

ヘッドセット・イヤホン

FPSやバトロワやってみたい方はヘッドセット・イヤホンが必須でしょう。

音がそんなに重要でないゲームであれば、スピーカーとかでも良さそうです。

 

イヤホンでおすすめは下記です。

周りの音をシャットアウトしてくれるということでQC20を使用しています。

値段は高めですが、音質も良く非常におすすめのイヤホンです。

 

ヘッドセットはLogicool  PRO X Wireless

【PRO X Wireless レビュー】快適な無線ゲーミングヘッドセット

続きを見る

 

あると便利なもの

通話ソフト

友人と通話しながら一緒にプレイするなどの場合通話ソフトがあると便利です。

今の主流はDiscordというソフトです。

とりあえずこれ入れとけば大丈夫です。

 

 

マイク

通話しながらとなるとマイクが必要になってきます。

ヘッドセットやイヤホンにマイクが付いている商品もあるので、それでも大丈夫です。

もし、付いていなかったら案外安く買うことができるので是非検討ください。

 

高速回線

一応インターネット環境はあると仮定しています。

が、高速の光回線があれば快適になります。

というのも最近のゲームは50GBと大容量のゲームが多いです。

当然ダウンロードするのに時間がかかります。

回線速度が遅いと平気でダウンロードだけで数時間とかかかります。

やはりおすすめは、導入が難しいですがNURO光となります。

ゲーム回線おすすめ5選!快適にプレイ出来る回線はココ!

続きを見る

 

 

プラットフォームを選ぶ

では次にPCゲームを実際にプレイする方法です。

昔はディスク版等もありましたが、今は基本的にダウンロードのみとなっています。

 

主なゲーム販売プラットフォーム

  • Steam
  • Epic Games
  • Origin
  • Battle.net

 

Steam

PCゲームといえばSteamです。

圧倒的ゲームタイトル数と人気ゲームの数々。

絶対に入れておきたいプラットフォームです。

 

週末特定のタイトルが無料でプレイ出来たりもします。

一年に何度か大きなセール(サマーセール等)が実施されており、その時に安くゲームを購入することが出来ます。

 

Epic Games

Fortniteで有名なのがEpic Gamesです。

Epicの凄い所が週替わりでゲームを無料配布している所です。

一度ライブラリに保存しておくと永年無料で遊ぶことが出来ます。

まぁ当然マイナーなゲームが多いですが、稀にビッグタイトルも配布されたりします。

 

Origin

Apexやバトルフィールドといった人気タイトルが遊べるのがOriginです。

とはいえ、ApexもBFもSteam版もリリースされたので今から始めるならSteamでいいと思います。

プラットフォーム増えると管理が大変になったり、ディスクを圧迫します。

 

Battle.net

オーバーウォッチや新しめのCoDが遊べるのがBattle.netです。(さっきからFPSしか紹介してない件)

私はどちらもプレイしていないので今はもう導入していませんが・・・

 

 

PCでゲームするメリット

画質調整が出来る

PS4などのゲームでは画質の設定が出来ないので、標準より良くも悪くもなりません

PC版では様々な設定をいじることが出来、影や描画距離、光など好みに設定できます。

ただし、高画質設定でプレイするには高スペックのパソコンが必要になってきます。

しかし、FPSゲームではどんなに高スペックのPCを持っていても最低設定でプレイするのが基本だったりします。

ガチ勢の方などは当然画質よりもパフォーマンス重視になるので当然ですね。

 

MOD導入

PC版ではMODの導入が可能です。

これはかなり大きなメリットかもしれません。

MODは有志でユーザーが改造データを作ってくれているもののことです。

有名なものだとマイクラですかね。

影MODやMOD非導入(バニラ)にない異世界追加など、ゲームをもっと楽しむ要素を追加することが出来ます

 

少しだけUIを変更する軽いMODから、システムほぼ全般を大きく変更する大規模なMODなど様々です。

大規模なものだとそれなりにスペックは必要だと思います。

 

高フレームレートプレイ

 

モニターの話でも出ましたが144Hzや240Hzモニターといった高フレームレートモニターで快適にプレイすることが出来ます。

PS4は60fpsまでしか出ないです。

一度、144Hzモニターに慣れると60Hzに戻れなくなる程です。

 

ゲームだけじゃない

PCはゲームだけでなくネットサーフィンなんかも快適にできます。

スマホがあるからいいじゃんと思うかもしれませんが、スマホよりも快適ですよ。

 

ゲーム以外にもPCで使用できるソフトというのは山ほどあります。

それらもPCの楽しみ方のひとつですね。

 

PCでゲームするデメリット

費用がかかる

高スペックを要するゲームをプレイするためには15万から25万円程度のPCを購入する必要があります。

また、キーボードやマウスも良いものをとなると更に+3~4万円となります。

モニターも必要で+1~5万円。

 

場所を取る

まぁ結構な場所を取ります。

ノートパソコンならまだしも、デスクトップだと場所を取る。

 

PS4とかは本体をテレビとかの横にチョコンと置いて、操作はコントローラーなので、全然場所を取らない。

PCは本体に机とその上にモニターやキーボードマウスを置きます。

お恥ずかしながら私のゲーム環境を公開しますとこんな感じ。

割と部屋の一部を占領されてしまいます。

 

スペック選びに失敗すると後悔する

高スペックなものは高いからと安く抑えてスペックが足りずに快適にプレイできないとなるときっと後悔します。

また買いなおすとなると更にお金が必要になりますね。

 

今やりたいゲームが軽いからじゃなく、先を見据えて高スペックのゲーミングPCを買うと良いかもしれません。

 

イスイ
パソコンは当然安い買い物ではないですからね!慎重に選びましょう!

 

-PC関連, ゲーム

© 2021 がじぇけん Powered by AFFINGER5