ゲーミングPC

【実体験】ゲーミングPCを買って後悔する理由と対策は?

2022年2月3日

ゲーミングPC 後悔

はてな

ゲーミングPC買いたいけど後悔しないかな?どんな理由で後悔する?

本記事では上記のようなお悩みについて書いています。

 

ゲーミングPCは決して安い買い物ではありません。

だからこそ買って後悔したく無いですよね?

本記事ではどのような理由で後悔するのか実体験も交えつつ紹介したいと思います。

また後悔しないためにはどうすればいいのかもお伝えできればと思います。

イスイ
後悔無くゲーミングPCを買いましょう!

こちらもCHECK

【初心者必見】ゲーミングPCおすすめランキング2022年版【全9機種】

続きを見る

ゲーミングPCを買って後悔する理由は?

高額な買い物であること

ゲーミングPCでゲームを始めるとなると最低限10万円はかかってしまいます。

PS4とかSwitchなら本体で3万円、モニター買っても1.5万円で約5万円もあれば楽しむ環境を作れちゃうと思います。

あくまでゲーミングPCで10万円って最低限であり、20万・30万円もくだらないですね。1回で10万円以上の買い物って多分人生でも中々機会が無いんじゃないでしょうか。

いくらこれから「ゲームめっちゃ楽しむぞ!頑張るぞ!」と意気込んだからと言って高額な買い物をするのは虚無感とか罪悪感を感じてしまう事があると思います。

仮に学生さんであればアルバイトで月5万円稼いでいるとして3か月から半年分の給料が吹き飛びますもんね。

ゲーミングPCのゲーム環境を一式で揃える際の総額は下記記事にて解説しています。

ゲーミングPC 初心者 セット
【ゲーミングPC】初心者が揃えるべきセット一式紹介!総額どれくらい?

続きを見る

 

少しだけでも安く買いたいという方は、当サイトにて数あるBTOパソコンメーカーを比較していますので参考にしてみてください。

【2022年】BTOパソコンおすすめメーカーはどこ?20社徹底比較

続きを見る

 

スペック不足だった

 

 

スペック不足により後悔しているという方も結構いらっしゃるみたいですね。まぁ私の実体験でもありますけど。

私の実体験としては

  • グラフィックボードの性能不足
  • SSDの容量不足

ですね。

私が初めて購入したゲーミングPCはグラボがGTX1060 3GB搭載のゲーミングPCでした。

購入当時はマイクラとか7days to die とかまったり出来るゲームプレイしていたのでスペック不足は感じませんでした

それからApex Legendsがリリースされプレイして144Hzモニターでプレイしたいと思うようになり144Hzモニターを購入したのですが、100fpsくらいしか出ない性能活かすことが出来なかったんですね。

先ほども言いましたけどゲーミングPCって決して安い買い物ではないので、より良いスペックのPCを購入しようとしてもまた大金が吹き飛ぶという始末に。

ゲームで一番重要なグラフィックボードだけを換装するという手もありますが、初心者にも出来るのか不安になったり、購入店の保証・サポートが受けられなくなったり知識が無い方からすれば恐い行為ですよね。

 

SSD容量不足としては当時250GBのSSDでした。そもそもWindows OSだけで30GB使っちゃうので、実質的に使えるのは200GBあるか無いかくらいなんですね。

しかも近年のゲームのインストールに必要な容量って馬鹿みたいに増えてきており、1タイトルで50GBなんてざらですね。

となると複数のゲームを遊ぶことが難しくなるんですね。新しいゲームをインストール出来ないから、一旦他のゲームをアンインストールして、またやりたくなったらインストールしてとか大変です。

幸い、HDDもあるPCだったのでそこまで酷い状態ではありませんでしたが、やっぱりSSDの方が起動速度速かったりするのでSSD容量不足はありましたね。

 

デザインが気に入らない・光らせたい

2台目のゲーミングPCは自作しました。スペック不足を感じていたのでスペックアップの為ですね。

コンセプトとしてはとにかく安くを目指しました

別にBTOしか安いとか、自作しか安いとかは気にしてなくって、単に趣味として自作したかったから自作した感じなんですけどね。で、なおかつ安ければいいよねって思ったんです。

その頃からピカピカ光るゲーミングPCってネット上とかYouTubeで見かけたりしてたんですけど、あまり興味が無いと思ってたので、光らないパーツで組み上げたんですね。

光るパーツが高いからっていうのもあります。

しかし、しばらく経ってピカピカ光るゲーミングPCが羨ましいと感じるようになってきました。なんなんでしょうね。男の性ってやつでしょうか?

結局1年後にまた自作して今度こそ光らせて満足はしましたね笑

 

今でこそ、BTOでもピカピカ光るモデルを販売しているのをよく見かけるようになりましたが、まだまだ完全に普及した訳ではないので、しっかり考える必要はありそうです。

下記記事ではかっこいいデザインのケースを選ぶことが出来るBTOパソコンメーカーを紹介しています。光るRGBファンを搭載したPCの販売などもしていたりデザインを気にするなら是非ご覧ください。

 

結局ゲームをあまりしなくなった

 

これも私の実体験でもあるんですけど、社会人になるとやっぱり仕事が忙しくてそもそもゲームをする時間が無くなっちゃうんですよね。

時間あるっちゃあるけど早く寝たいとか、だらだらとスマホをいじっていたいと思うようになりました。

学生の頃は結構夜更かししながらゲームを楽しんだりしてましたね。最悪授業中でも寝れましたし。

やっぱり社会人は遅刻許されないし、眠たくて失敗とかもありえませんからね。

仕事が忙しくてゲームをする時間が確保できなくなったとうのはゲーミングPCを購入して後悔したことの理由の一つでありそうですよね。

 

ゲーミングPCで後悔しない為に

本当に必要かどうか

ポイント

  • ゲームをする時間が十分に取れる
  • SwitchやPS4,5でも満足なのでは

今現在学生さんでゲームをする時間も元気もしっかりとあるけど、社会人の大変さや時間の無さを知らないと難しい問題ですよね。

またPCでプレイできるゲームってPS4やPS5でもプレイすることが出来るんですよね。Switchに至ってはPCではプレイできないタイトル多数です。

だったら安く済ませられるコンシューマでも良いのではないかとしっかりと本当にゲーミングPCが必要考えるようにしましょう。

もちろんPCでしかプレイできないゲームタイトルもありますのでゲーミングPCの魅力の一つですね。

 

でもゲーミングPCってやっぱり高性能なので何をするにしても快適なんですよね。

個人的な話にはなりますけどネットサーフィンやYouTube動画視聴などもスマホよりもパソコン派です。

気になることがあってGoogleで検索した時に複数のサイトで情報を閲覧して解決したいですよね?パソコンであれば新しいタブで開くとかタブの切り替えがスムーズです。

YouTubeも有料プランでなくてもバックグラウンドで音楽流しながらゲームしたりネットサーフィンも出来るんです。

当然パソコンなんですからゲーム用途だけじゃなくて多岐に渡り何でも出来ます。

ゲーミングPCは普段使いも出来るの?高性能だから快適です

続きを見る

 

基本的にはグラボで決めると良い

いざPCでゲームしたいからゲーミングPCを買おうとなったときにスペック不足で後悔しない為にも何を気を付けるべきか。

スペック選びは基本的にグラフィックボードから決めると良いでしょう。

やりたいゲームをどのような環境(フレームレート , 解像度)でプレイしたいか明確にして、それを満たせるグラボが搭載されたゲーミングPCを選びます。

▽ フレームレートとは(クリックで詳細)

1秒間にどれくらい描画されているかのこと
fps(frame per second)で表されることが一般的です。1秒間に30枚の絵が描画されるものを30fps、60枚なら60fpsになる。
パラパラ漫画を思い浮かべてもらえると分かりやすいと思います。1秒間に30枚の絵よりも60枚の方が滑らかに見えるはずです。
最近の理想は144fps以上出せること。

グレード 性能目安
RTX3090 Ti 4K高画質
RTX3090
RTX3080 Ti 4K
WQHD高画質
RTX3080
RTX3070 Ti WQHD
フルHD240fps安定
RTX3070
RTX3060 Ti フルHD144fps安定
(240fpsも狙えるが安定ではない)
RTX3060
GTX1660 Ti フルHD144fps
(場面によっては100fpsくらいまで落ち込む)
RTX3050
GTX1660 SUPER
GTX1650 フルHD100fps

Apex LegendsやFortniteといった対人シューティングゲームであれば144fps安定プレイできると満足度が高いです。予算が許すなら240fpsを目指す。

マイクラなどまったり出来るゲームやGTA5などのオープンワールドのグラフィックをメインに楽しむゲームであれば60fpsあれば快適かと思います。グラフィックが売りのゲームで144fpsとかはとんでもない高スペックが必要なので60fpsが現実的っていうのもあります。

 

またグラボから選ぶとグラボに見合った構成を探しやすいです。最適なCPUやメモリ、ストレージ容量のパソコンがラインナップされているので迷いも無くなります。

もちろん用途に合わせてCPUやストレージはカスタマイズしたほうが良かったりするので、全体的な選び方は下記記事を参考にしてみてください。

こちらもCHECK

初めてのゲーミングPCの選び方を徹底解説

続きを見る

 

ゲーミングPCを安く買うには?

価格が高いことが後悔する理由とも言いました。

では、ゲーミングPCを少しでも安く買うにはどうすればよいのでしょうか?

  • コスパ重視BTOメーカーで購入
  • BTOメーカーのセールを狙う
  • 中古やフリマで買う

下記記事にて解説もしていますので参考にしてみてください。

ゲーミングPCを安く買う方法3選!

続きを見る

 

当サイトではBTOパソコンのセール情報を随時更新していますので、是非ご覧ください。

【2022年9月】BTOゲーミングPCセール情報まとめ

続きを見る

 

おすすめゲーミングPCは?

当サイトでは「グラボ別」「価格別」「コンセプト別」「ゲーム推奨スペック」「コラボPC」などの観点からおすすめのゲーミングPCを紹介しています。

とりあえず本記事では誰にでもおすすめできるコスパ最高のゲーミングPCを3つ紹介しておきます。

 

1位:G-GEAR GA7J-F221/ZB2

CPU Intel Core i7-12700
グラボ RTX 3070Ti
メモリ 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2規格)
電源 750W 80PLUS GOLD認証
ケース G-GEAR  ミドルタワー
OS Windows11 Home

ツクモ公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • RTX3070Ti搭載で高スペック
  • RTX3070Ti搭載では業界最安値
  • コスパに優れている

ツクモから発売されているゲーミングPCです。

自分が今からゲーミングPC買うならこれを買うかなと思います。それほどの性能と価格を実現してくれています。

RTX3070Ti 搭載ほぼ全てのゲームを超快適にプレイすることができます。具体的に言えばApexLegendsなどのFPSでも240fpsでプレイ可能です。

SSD1TBと比較的容量も多くストレージには困らないかと思います。不安な場合はHDD増設カスタマイズもおすすめです。

ある程度予算を出せるのであればこれ買っとけば間違いはありません。

ツクモ公式サイトで詳細を見る

 

2位:PG-PH12

CPU Intel Core i5-12400
グラボ RTX3060
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
電源 850W 80PLUS GOLD認証
ケース METALLICGEAR NEO AIR ミドルタワー
OS Windows11 Home

ストーム公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • RTX3060搭載モデル業界最安値
  • RTX3060で144fps安定
  • 強化ガラスサイドパネル

第2位はストームから販売されている『PG-PH12』です。コスパ重視ならこれがおすすめです。

RTX3060搭載のゲーミングPCということでフルHDであれば画質設定にもよりますが、144fps安定プレイ可能な性能となっています。

価格面も15万円台と高過ぎることもなく、個人的には最低限これくらいの性能は欲しいなといった性能のゲーミングPCです。

ストレージはSSDが500GBのみなのでたくさんゲームをプレイしたい方やデータを保存しておきたい方には少し少ないかもしれません。

私はメインストレージ1TBのSSDを使用していますが、知らぬ間に容量を圧迫してきており困ったものです。

外観を見てもサイドパネルが強化ガラス採用で内部が見える構造になっておりデザイン面でも優れていると思います。

ケースがミドルタワーで電源が850W 80PLUS GOLD認証と品質も良く容量も十分ですので将来性もあります。

かなりコスパに優れた1台です。

ストーム公式サイトで詳細を見る

 

3位:LEVEL-M066-124-RJX

CPU Intel Core i5-12400
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
電源 500W 80PLUS BRONZE認証
ケース InWin EM058 ミニタワー
OS Windows11 Home

パソコン工房公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • 144fpsは出る(張り付きは厳しい)
  • 最長4年保証
  • キーボード・マウス付属

3位はパソコン工房から販売されている「LEVEL-M066-124-RJX」です。安さ重視ならこれがおすすめです。

フルHDゲーミングであれば144fpsを軽く出すことが出来ます。しかしFPSなどでは描写の激しくなる戦闘シーンなどでは100fpsくらいまで落ち込んだり144fps張り付きでのプレイというのは厳しい性能になります。

GTX1650など更に安く手に入れることができますが、可能ならばGTX1660 SUPERを、さらにはRTX3060くらいは選んでおくと後々の「もう少し良いのを買っておけば...」という後悔は無くせるかなと思います。

パソコン工房公式サイトで詳細を見る

 

 

【初心者必見】ゲーミングPCおすすめランキング2022年版【全9機種】

続きを見る

 

ゲーミングPC 後悔 まとめ

ポイント

  • 決して安い買い物ではない
  • スペック不足は辛いよ
  • デザインも気にしてね
  • ゲーム時間確保できる?
  • PS4やSwitchで十分ではないか?

ゲーミングPCを購入してから後悔したという体験は私を含め、多くの人が陥っています。

これからゲーミングPCを買うよという人、後悔しないために本記事を見て役立てていただければ幸いです。

既に購入していて後悔したという人は、なんとか有効活用できないかしっかりと考えてみてください。

 

-ゲーミングPC
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5