ゲーミングPC

【2022年】RTX3050搭載おすすめBTOゲーミングPC紹介

2022年1月30日

RTX3050 搭載 おすすめゲーミングPC

はてな

RTX3050搭載のおすすめゲーミングPCが知りたい

という方向けの記事になります。

本記事執筆時点ではRTX3050発売間もないこともあり、価格が性能に対して高かったり、取扱店舗がすくなかったりしますが、その中でもおすすめのRTX3050搭載のおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

 

RTX3050 性能

 

GTX1660 Ti > RTX3050 > GTX1660 Super という性能になっており、価格面で比較すればGTX1660Tiよりも高く販売されていました。

性能面で具体的な数値ではApex Legendsにおいては144fpsは出るものの張り付きではプレイできないといった感じですね。一番重要戦闘シーンでは100fpsを下回ることが多いと思います。

グレード 性能目安
NEW! RTX4090 4K高画質高フレームレート
RTX3090 Ti 4K高画質
RTX3090
RTX3080 Ti 4K
WQHD高画質
RTX3080
RTX3070 Ti WQHD
フルHD240fps安定
RTX3070
RTX3060 Ti フルHD144fps安定
(240fpsも狙えるが安定ではない)
RTX3060
GTX1660 Ti フルHD144fps
(場面によっては100fpsくらいまで落ち込む)
RTX3050
GTX1660 SUPER
GTX1650 フルHD100fps

RTXのネームなので当然レイトレーシングに対応してはいるものの、GTX1660Tiもレイトレーシングに対応しているためこれでも敗北か。さらに言えばこのくらいのグラフィック性能であればレイトレを十分に楽しむことが出来ないと思うのでどうにしろ意味がありませんね。

唯一勝っているのがビデオメモリ(VRAM)でGTX1660Tiが6GBなのに対してRTX3050では8GBとなっています。しかし基本的にはVRAMよりグラフィック性能自体を重視するためGTX1660Tiで良いかなと思います。

VRAMが多いことの利点としては4K解像度や高グラフィック設定でスムーズに描写出来たりすることだが、これもこのグラフィック性能帯でどうこう言う問題ではない。フルHDで低画質設定で遊ぶと思われるので大したアピールポイントではないのだ。

GTX1660Tiよりも性能が上ならば、もうワンランクアップの選択肢として入れられた。もう一つ上のRTX3060と比較してもそんなに価格差が無いので本当に選ぶ意味があるのかは謎な性能と価格になります。

搭載GPU VRAM 参考価格
RTX3060 12GB ¥150,980
RTX3050 8GB ¥149,980
GTX1660Ti 6GB ¥131,280

参考までにパソコン工房でグラボ以外のスペックを合わせてみると上記のような価格差。

最新モデルだけあってCPUがCore i5-12400を搭載、RTX3060とGTX1660Tiのほうは11400搭載と一世代差があるといえど、あまりにも微妙な価格。

もちろん販売から間もないので高いというのはあると思います。しばらく時間が経てばもう少し下落するかもしれません。

ただ現状RTX3050を視野に入れているのであれば、RTX3060を買うことを強くおすすめします。もしくはGTX1660Tiでもいいかも。

【2022年】RTX3060搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

続きを見る

【2022年】GTX1660Ti搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

続きを見る

 

RTX3050搭載おすすめBTOゲーミングPC

とにかく安く:LEVEL-M066-124-NAX

CPU Intel Core i5-12400
グラボ RTX 3050
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
電源 700W 80PLUS GOLD認証
ケース InWin EM058 ミニタワー
OS Windows11 Home

パソコン工房公式サイトで見る

詳しくはコチラ

とにかく安くRTX3050搭載モデルを買いたいならパソコン工房のLEVEL-M06M-124-NAXがおすすめです。

業界最安値ですので、予算を抑えたいならコレといった感じですね。

CPUもIntel 最新12世代のCore i5-12400とかなり高性能です。

メモリも16GBで複数ソフトを立ち上げてもサクサク動きます。

ストレージに関してはM.2 NVMe SSD500GBだけと少し物足りない気もしますが、入門編としてはよくある容量かと思います。費用はかさみますが勿論カスタマイズで容量を増やしたりHDDの増設が可能です。

ただし安さなりのデメリットもあって、ケースがミニタワーという小さい規格のものを使用していたり、マザボもMicro-ATXと小さい規格です。グラボを買い替えたときに最新の上位モデルと換装しようとしてもケース内に収まらないかもしれません。

そんな不安があるならミドルタワーケースというワンサイズ上のPCを選んでみてください。一応次に紹介するのがミドルタワーモデルになります。

 

将来性を考え:G-GEAR GA5J-B221/B

CPU Intel Core i5-12400
グラボ RTX 3050
メモリ 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2規格)
電源 500W 80PLUS BRONZE
ケース G-GEAR ミドルタワー
OS Windows11 Home

ツクモ公式サイトで詳細を見る

将来性を考えるならツクモのG-GEAR GA5J-B221/Bがおすすめです。

どうしてもRTX3050くらいのグラフィック性能だと後々から足りないと感じてしまうこともあるかもしれません。

そんな時にグラボだけ買って換装という手もあります。そこでミドルタワーケース採用なら安心して上位モデルグラボを購入も出来ます。

ただし電源が550wと少な目で上位モデル換装時は注意です。

価格もパソコン工房と比べてもそんなに遜色なく是非検討してみてください。

SSDが1TBと大容量なのも嬉しいポイントですね。

ツクモもパソコン工房に並ぶ知名度があるでしょうし、サポート・保証面でもかなりおすすめのメーカーになります。

 

 

動画編集したい:ZEFT R15XB

CPU AMD Ryzen™ 7 5800X
グラボ RTX 3050
メモリ 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2規格)
HDD 1TB
電源 600W 80PLUS GOLD認証
ケース ASUS TUF GT501
OS Windows11 Home

SEVENで詳細を見る

ゲームもそこそこに動画編集もやってみたいという方にはSEVENのZEFT R15XBがおすすめです。

CPUがAMD Ryzen7 5800Xと非常にエンコード速度が速く動画編集に向いています。

ゲーム性能ではIntelに劣りますが、それでも十分な性能を持っており、上位モデルグラボへの換装時もCPUとグラボのボトルネックも少なくなるでしょうし将来性もあります。

ただ、こちらも電源が600wとRTX3080クラスへの換装となると足りません。

ストレージも豊富でノンカスタマイズでSSDが1TB、HDDも1TBと大容量です。動画ファイルの保存も存分に出来るかと思われます。

またSEVENは品質の良いパーツを使用しており、Wi-Fi対応していたり、ケースが自作erにも人気のASUS製、水冷CPUクーラーとスペックが圧倒的です。

 

RTX3050おすすめゲーミングPC まとめ

コンセプト モデル メーカー おすすめ
とにかく安く LEVEL-M066-124-NAX パソコン工房
将来性を考え G-GEAR GA5J-B221/B ツクモ
動画編集もしたい ZEFT R15XB SEVEN

RTX3050搭載おすすめBTOゲーミングPCの紹介でした。

自分が買うならツクモのG-GEAR GA5J-B221/Bかなといった感じです。

発売から間もないということでまだ販売していないBTOメーカーも多く、これからと思われます。

ただ、現状RTX3050を買うくらいならRTX3060を買った方が圧倒的に幸せかなという性能と価格でした。

 

-ゲーミングPC
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5