BTO ゲーミングPC

【2021年】RTX3060Ti搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

2021年1月4日

rtx3060ti おすすめpc

はてな

RTX3060Ti搭載のおすすめゲーミングpcが知りたい

このようなお悩みを解決します。

 

RTX3060Tiの性能

前世代のハイエンドクラスRTX2080Super を凌ぐ性能を誇っています。

Apex Legendsにおいても低設定であれば240fpsを出すことが出来ます。

ただし240fpsを切る場面も出てきます。

とはいえ144fpsは余裕なので十分な性能と言えます。

グレード 性能目安
RTX3090 Ti 4K高画質
RTX3090
RTX3080 Ti 4K
WQHD高画質
RTX3080
RTX3070 Ti WQHD
フルHD240fps安定
RTX3070
RTX3060 Ti フルHD144fps安定
(240fpsも狙えるが安定ではない)
RTX3060
GTX1660 Ti フルHD144fps
(場面によっては100fpsくらいまで落ち込む)
RTX3050
GTX1660 SUPER
GTX1650 フルHD100fps

 

おすすめモデル

M046-iX4-SAX

価格 ¥125,980 (税別)
CPU Core i5-10400
グラボ RTX3060Ti
メモリ 16GB DDR4
SSD M.2 NVMe 500GB
OS Windows10 Home

>>商品ページはコチラ

 

ポイント

  • 非常に安い
  • メモリ16GBでサクサク
  • ゲーム性能は文句なし
  • M.2 SSDで超高速

 

とにかく安く買いたい方におすすめのモデルがパソコン工房から発売されているM046-iX4-SAXです。

ノンカスタマイズで送料込みだと14万ほどと非常にリーズナブルな価格となっています。

 

CPUはIntel Core i5-10400を搭載しています。

グラボの性能的にはi7を積んでいても問題は無さそうですが、コストを考えればi5が正解かと思います。

もちろん性能が至らないことはないので大丈夫です。

 

メモリはゲーミングパソコンとしては最低限8GB欲しいところですが、こちらは16GB積んでいるので余裕があります。

 

SSDはM.2規格NVMe接続の500GBを搭載しており、高速動作が可能です。

ただしストレージはこれ一つなので、不安であれば1TBへのアップグレードやHDDの増設を考えましょう。

 

こんな方におすすめ

  • とにかく安く抑えたい方

詳しくはコチラ

 

 

PG-UY

価格 ¥158,800(税込)
CPU Intel Core i7 10700
グラボ RTX 3060Ti
マザボ MSI B460M PRO-VDH WIFI
メモリ Crucial 16GB DDR4
SSD 500GB NVMe
OS Windows10 Home

>>商品ページはコチラ

 

ポイント

  • CPUがi7-10700
  • 無線接続可能

 

スペック重視ならストームから発売されているPG-USがおすすめです。

 

特徴は無線でネットワークに接続が可能というところです。

もちろん対人ゲームなら有線の方が安定感はあるでしょうが、配線が厳しい方でも無線があるので安心です。

 

CPUはIntel Core i7-10700を搭載しています。

RTX3060Tiの性能ならこのくらいのCPUを積んでおいて損は無いでしょう。

 

メモリは高品質なCrusial製の16GBを搭載しています。

 

ストレージが高速NVMe接続のSSD 500GBのみとなっています。

こちらも少し物足りない気もするので、アップグレードかHDDの増設をお勧めいたします。

 

こんな方におすすめ

  • 性能重視の方
  • 無線接続したい方

PG-UYの商品ページはコチラ

 

Axilus H470

価格 ¥155,590(税込)
CPU Intel Core i5-10400
グラボ RTX3060Ti
メモリ 8GB DDR4
SSD 480GB
OS Windows10 Home

>>商品ページはコチラ

 

ポイント

  • コスパは悪い
  • イルミネーションが綺麗

 

見た目を重視したいならサイコムから発売されている Axilus H470がおすすめです。

 

メモリが8GBと少しだけ不安はありますが、重いゲームと複数のタスクを同時にしなければ問題は無いと思われます。

 

ストレージはSATA接続のSSD 480GBのみとなっています。

NVMe接続ではないですが、ぶっちゃけSATA接続のSSDでも十分に高速です。

但し、容量は足りなくなるかもしれないので、アップグレードやHDD増設を考えてください。

 

スペックに対して価格は高めですが、イルミネーションが綺麗に光るモデルとなっています。

写真映えやいかにもゲーミングなパソコンが欲しければこちらがおすすめです。

 

こんな方におすすめ

  • 見た目重視の方

Spear Z490 はコチラ

 

ZEFT R26G

価格 ¥175,780(税込)
CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX3060Ti
メモリ 16GB DDR4
SSD M.2 NVMe 500GB
OS Windows10 Home

>>商品ページはコチラ

 

ポイント

  • コスパ神Ryzen7搭載
  • メモリ余裕の16GB
  • M.2 NVMe SSD搭載で超高速

 

動画編集もやりたい方におすすめのモデルがSEVENから発売している、ZEFT R26Gです。

 

CPUがAMD社のRyzen7 3700Xを搭載しています。

非常にコスパに優れたモデルで、動画編集で強い性能を発揮します。

 

メモリが16GBなので、フルHDくらいの動画ファイルの編集で困ることはないと思います。

 

ストレージがこれまたNVMe 500GBのSSDのみとなってます。

動画編集をしっかりとやっていきたいならHDDの増設をおすすめします。

 

もちろんRTX3060Tiなのでゲーム性能も文句なしです。

 

こんな方におすすめ

  • 動画編集もやりたい方

ZEFT R26G の商品ページはコチラ

 

 

まとめ

モデル メーカー 価格 おすすめ
M046-iX4-SAX パソコン工房 ¥125,980(税別)
PG-UY ストーム ¥158,800(税込)
Axilus H470 サイコム ¥155,590(税込)
ZEFT R26G SEVEN ¥175,780(税込)

 

【2022年】RTX3060搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

続きを見る

【2022年】RTX3070搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

続きを見る

【2022年】RTX3070Ti搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

続きを見る

【2022年】RTX3080搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

続きを見る

【2022年】RTX3080Ti搭載のおすすめBTOゲーミングPC紹介

続きを見る

-BTO, ゲーミングPC
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5