ガジェット キーボード

【ROCCAT Vulcan TKLレビュー】美しいデザインとイルミネーション

2021年2月17日

美しそうなデザインに惹かれて購入した「ROCCAT Vulcan TKL」をレビューしていきます。

 

ポイント

  • 美しいデザインとイルミネーション
  • 薄いキートップ
  • 着脱可能USBケーブル
  • テンキーレス赤軸

今回購入したのは日本語配列で赤軸モデルです。

英語配列もありますし、茶軸(タクタイル)と光学というのもあります。


外観や仕様

 

 

付属品

  • キーボード本体
  • USBケーブル(Type-C)
  • 説明書

必要最小限の内容となっています。

 

外観

キートップが見た感じ薄そうですね。

その下のクリアな感じがクリスタルっぽくデザイン性に富んでいます。

 

なんかすごいですね。

キートップを外してみたいと思います。

 

左がROCCAT Vulcan TKLのキートップ。

右がAlloy Origins Core のキートップでごくごく普通のものですね。

両者を比べてみるとROCCAT Vulcan TKLのキートップがとても薄っぺらいことが分かります。

 

裏面は滑り止めラバーが5つ付いています。

だいたいのキーボードが四隅に一個ずつの4個なのですが、ROCCAT Vulcan TKLは5つです。珍しいです。

当然ですが、角度調整用のスタンドも付いています。

 

USB着脱部分です。

USB着脱可能かはなんやかんやで可能な方がいいと思います。

収納しやすかったり、持ち運び楽だったり。

着脱できないと持ち運び時に根元を曲げちゃって断線とか恐いので着脱可能なキーボードとうのも選択材料のひとつ。

 

角度調整

 

角度調整は2段階です。

3段階できるキーボードもありますので、3段階調整出来るならもっと万人に受けたかもしれませんね。

 

 

 

 

良いところ

美しいデザインとイルミネーション

PCに接続してみました。

 

キートップが薄い分、光の漏れが多くそれがとてつもなく綺麗です。

 

横からの写真がもはや芸術的で、こんな綺麗な写真が撮れて嬉しいまである。

 

ボリュームコントロール

地味に嬉しいのが、ミュート切り替えボタンと、音量調節のつまみが付いている点。

大抵のキーボードはファンクションキー機能でボリュームコントロール可能だが、ROCCAT Vulcan TKLはこのように簡単にボリュームコントロール可能です。

複数のキーを同時に押すのではなく、ワンプッシュやつまみ回すだけでコントロール出来るのは案外楽です。

つまみがメカっぽいというか、上手く言い表せないけど良い感じ!

ここでもデザインの良さに貢献している。

 

悪いところ

押下圧は重い気がする

これは気のせいかもしれないけど確かにそう思うことがあって、押下圧が重い気がします。

キースイッチはROCCATオリジナルのTitanスイッチで今回購入したのが赤軸(リニア)です。

スペックとして、押下圧は45gと他の赤軸と同等です。

イスイ
でも実際に打鍵してみると重く感じます

なので、長時間タイピング等やっていると指の疲労感を少し感じました。

キートップが薄いので押下が他のキーボードと違うのかもしれませんね。

とはいえ、機能的な欠陥ではないですし、捉え方は人それぞれですので大きなデメリットとも言えませんね。

 

打鍵音・使用感

文章で述べるなら、「タシタシタシ」みたいな感じです。

ここもやはりキートップが薄いというのが起因で音が軽い感じはしました。

でも、キートップの薄っぺらい感じが逆に打ち心地が気持ち良いです。

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • デザイン性に重きを置きたい方
  • 綺麗なイルミネーションを楽しみたい方
  • テンキーレスキーボードが欲しい方

とにかくデザインが良かった。

薄いキートップによってキー下の露出が大きくクリスタル感もあり、ライティングの漏れが綺麗です。

テンキーレスモデルということで場所も取らずゲームメインの方にもおすすめです。


 

【2022年】赤軸のおすすめゲーミングキーボード6選!【ゲーマー必見】

続きを見る

-ガジェット, キーボード

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5