BTO ゲーミングPC

【2022年】ゲーミングPC最強スペックおすすめランキング

2022年3月25日

ゲーミングPC 最強

はてな

  • おすすめの最強ゲーミングPCを知りたい!
  • どんなスペックが最強?

このような方向けの記事です。

 

ゲーミングPCは決して安い買い物ではありませんから、どうせ買うなら1台、最強のスペックが欲しいと思う方もいらっしゃるでしょう。

本記事では最強スペックのおすすめゲーミングPCをランキング形式で紹介しています。

ただハイエンドモデルですから当然高額なことに変わりはありません。

メリット・デメリットやパーツの選び方についても解説しています。

それでも最強スペックを求めているのであれば必見です。

 

ゲーミングPC最強スペックおすすめランキング

特徴 モデル メーカー
デュアル水冷 G-Master Hydro Z690 Extreme/D5 サイコム
高品質 ZEFT G29ZL SEVEN
コスパの鬼 FRGBX570/SG6 フロンティア
イルミネーションが綺麗 Astromeda AQUA ASTROMEDA
性能を落としてストレージ回り強化 G-Tune HP-Z-SP G-Tune

 

1位:G-Master Hydro Z690 Extreme/D5

CPU Intel Core i9-12900K
グラボ RTX 3070 / 3070Ti / 3080 / 3080Ti / 3090
メモリ 32GB DDR5
SSD 512GB(M.2 NVMe)
電源 850W 80PLUS GOLD
ケース Fractal Design Define S2 Black TG ミドルタワー
OS Windows10 Home

サイコム公式サイトで詳細を見る

ポイント

  • 全てが至高
  • デュアル水冷

サイコムから販売されているG-Master Hydro Z690 Extreme/D5です。

現状販売してあるゲーミングPCの中では最強スペックでしょう。

一番の特徴はデュアル水冷ユニットを搭載している点です。

水冷CPUクーラーはよく聞いたことがあるかと思いますが、こちらはグラボも水冷ユニットで冷却するという優れもの。サイコムオリジナルの唯一無二のギミックで面白いです。

グラボは標準ではRTX3070が選択されておりRTX  3070Ti / 3080 / 3080Ti / 3090カスタマイズ可能です。

CPUは現役最強Intel Core i9-12900Kです。これ以上にない性能CPUとなっています。グラボを搭載しているのでカスタマイズで内蔵グラフィック機能の無い12900KFにすることで安く抑えられます。

メモリは最新DDR5の32GBと何も言う事なし。

ストレージはM.2 SSD512GBだけとちょっと物足りない気もします。もちろんカスタマイズで増設可能です。

現状最強のゲーミングPCではありますが、流石に価格は高めとなっています。

とにかくスペック重視の方にはおすすめのゲーミングPCです。

 

 

2位:ZEFT G29ZL

CPU Intel Core i9-12900K
グラボ RTX 3090
メモリ 32GB DDR5
SSD 1TB SSD NVMe Gen.4対応 Samsung製
HDD 4TB
電源 1200W 80PLUS PLATINUM認証
ケース Corsair 5000X RGB ミドルタワー
OS Windows11 Pro

SEVENで詳細を見る

ポイント

  • 最高峰スペック
  • デザインに優れている
  • 無線LAN対応

SEVENから販売されているZEFT G29ZLです。

標準スペックが最高峰でかつ品質も非常に良いです。

グラボはRTX3090と現行グラボでは最強のゲーミング性能です。4K+高画質プレイも実現出来ます。

CPUはIntel Core i9-12900Kとこちらも現行最高のCPUです。

メモリがDDR5の32GBとストレージがSSD1TB+HDD4TBと動画編集でも活躍してくれます。

マザボがASUS ROG STRIX Z690-F GAMING WIFIという非常に高級なマザボで無線LANにも対応しています。

水冷クーラーや電源もCorsair製と品質にもこだわった1台です。

 

3位:FRGBX570/SG6

CPU AMD Ryzen9 5900X
グラボ RTX 3090
メモリ 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2 NVMe)
HDD 2TB
電源 1000W 80PLUS GOLD
ケース フロンティア ミドルタワー
OS Windows10 Home

フロンティア公式サイトで詳細を見る

ポイント

  • コスパの鬼
  • 準至高

フロンティアから販売されているFRGBX570/SG6です。

とにかくコスパがバグっているのかってくらいの安さを実現しています。

グラボは同じくRTX3090でゲーミング性能はこれ以上にないです。

CPUはAMD Ryzen9 5900Xと先ほどまでのIntel Core i9-12900Kよりはゲーミング面では少し劣るくらいですが用途によってはコチラの方が良かったりします。要はめちゃくちゃ良いCPUってことです。

メモリは16GBとハイエンドPCでは少し少なめですが、ゲーム用途であれば十分です。

ストレージはSSDが1TB+HDDが2TBとこちらも十分です。動画ファイルなどのデータの保存も安心です。

フロンティアオリジナルのミドルタワーケースですがデザインも悪くありません。

最強ゲーミング性能RTX3090搭載PCをとにかく安く手に入れたいならおすすめの1台です。

 

 

4位:Astromeda AQUA

ポイント

  • スペックは色々
  • イルミネーションが凄い

Astromedaから販売されているAstromeda AQUAです。

スペックは様々で好みの性能を選択する形になります。しっかりとハイエンドであるRTX3090搭載モデルもあります。

CPUの組み合わせも色々ですがハイエンドCore i9-12900K搭載もあります。

Astromedaシリーズでは唯一水冷CPUクーラーを搭載しているのとフロントもガラス仕様のケースで一番ハイエンド志向でしょう。

14:00までの注文で即日発送で納期も早いのがAstromedaの良い所です。

イルミネーションの綺麗さや、すぐにでも届いて欲しい方におすすめの1台です。

 

 

5位:G-Tune HP-Z-SP

CPU Intel Core i9-11900K
グラボ RTX3080 Ti
メモリ 64GB DDR4
SSD 1TB(M.2 NVMe)
HDD 4TB
電源 1200W 80PLUS PLATINUM
ケース G-Tune フルタワー
OS Windows10 Home

マウスで詳細を見る

ポイント

  • RTX3080 Tiで少し価格を抑える
  • ストレージ回りがモリモリ
  • 安心のマウスコンピューター

マウスコンピューターから販売されているG-Tune HP-Z-SPです。

少しだけゲーミング性能を落としてストレージ回りを強化することが出来ます。それでも十分高スペックですが。

グラボはRTX3080 Tiと4Kゲーミングでもかなり高パフォーマンスを見せてくれます。そもそも上から2番目の性能なのでかなり高スペック。

CPUはIntel Core i9-11900Kと最新世代ではありませんが、前世代最強CPUで価格を抑えられるポイントです。

メモリは驚異の64GBで4K画質の動画編集でも満足に動かすことが出来ます。

ストレージも多く、SSDが1TB+HDDが4TBと大容量でゲームを10タイトルインストール出来たり動画ファイルもたくさん保存しておけます。

24時間電話対応などサポートも手厚いマウスコンピューターで安心です。

 

 

最強ゲーミングPCのメリット

メリット

  • スペック不足による後悔が無い
  • 高画質設定を心置きなく楽しめる
  • ゲーム以外でも活躍

スペック不足による後悔が無い

安いゲーミングPCを購入した時にはスペック不足に悩まされる可能性がある。

例えばApex LegendsなどのFPSゲームをプレイする際には高フレームレートでプレイしたほうが有利である。144fpsで遊びたいのにグラボの性能が足りない為に100fpsしか出せないとなると辛いものがある。

私も初めてのゲーミングPCは高校生の頃に購入したこともあってそんなに高スペックでは無かった。その為Apexでは144fpsで遊べない為に後に新調しました。特に私の場合はPC自体が好きなためあまり躊躇なく買いましたが、普通は2台目のゲーミングPCは悩むはず。

最強スペックのゲーミングPCであればスペック不足に悩まされることも無いでしょう。

 

高画質設定を心置きなく楽しめる

FPSなどの対人ゲームではパフォーマンス重視なので画質を落としてプレイすることが一般的です。

しかし、GTA5やサイバーパンク、エルデンリングなどのオープンワールド系のゲームはその美しいグラフィックを体感するのも楽しみの一つだ。

当然グラフィックを綺麗に映し出すにはそれ相応のスペックが必要になってくる。

そもそも現行販売されているハイエンドでも実現出来ないようなことがあればそれはもう諦めるしかない。

4K高画質も楽しむことが出来るのは最強スペックの良い所だろう。

 

ゲーム以外でも活躍

ゲームで一番重要とされるパーツはグラフィックボードであるが、その性能に見合ったCPUやメモリを搭載している為にゲーム以外の作業でも有効に活用できる。

その最たるものの例としては動画編集でしょう。

高画質な動画ファイルや長時間のデータを編集するとなると高性能なCPUやメモリが必要になってくる。

スペックが足りないと編集ソフトの動作がカクカクしまともに操作できなくなったり、最悪の場合ソフトが落ちることもあります。数時間かけて編集したデータが吹き飛ぶのは勘弁です。

最強ゲーミングPCに搭載されるCPUもまた最強なのである。

ゲーム以外においてもストレスのない操作が実現できるだろう。

 

最強ゲーミングPCのデメリット

デメリット

  • 高額な買い物になる
  • 用途によってはオーバースペック
  • 消費電力が高い

高額な買い物になる

本記事で紹介したゲーミングPCの中で最安値でも40万円は超えてくることになる。

当たり前だがスペックに比例して価格も高くなってしまう。

そもそも2022年3月現在、10万円未満で購入できる商品が姿を消してしまっている。最安値のゲーミングPCでも10万円越えとなっているので当然ハイエンドともなるととてつもなく高額な買い物になってしまう。

ハイエンドグラボのRTX3090単体でも30万円近くするので、これひとつでミドルスペックくらいのPC1台が買えてしまう。

おまけにCPUやマザーボードなどのパーツも高いものが採用されるので高額な買い物になります。

 

用途によってはオーバースペック

RTX3090やRTX3080 TiはもはやフルHD環境ではオーバースペックとも言えます。

基本的には4Kゲーミング層をターゲットとしています。4Kゲーミングを楽しむには当然モニターも4Kモニターが必要になる。

フルHDゲーミングしかしないとか、そもそも推奨スペックが低いゲームしかプレイしないならオーバースペックとなってしまう。いわゆる宝の持ち腐れ。

とはいえゲームの推奨スペックも年々上がるものなので数年先のゲームも満足にプレイできる可能性もありますので一概に無駄とは言えないのもまた事実。

 

消費電力が高い

ハイエンドゲーミングPCには1000W前後の電源が搭載されている。必要消費電力の約2倍程度の電源を選ぶことが最適とされている。

例えば1200Wの電源を搭載しているゲーミングPCは負荷時に600W程度の消費電力がかかると考えられる。

600Wの消費電力を1時間使用した場合の電気代

600÷1000×27=16.2円となる。

意外と安いかと思われるかもしれませんが、これが数時間、毎日となると1月当たりの電気代は結構かかってきます。

例えば一日3時間を1か月続けたら1,458円になる。

ロースペックや普通のパソコンに比べると電気代はどうしても高くなってしまう。

 

スペック重視メーカー

ポイント

上記メーカーは高スペックゲーミングPCを手に入れやすいメーカーです。

特にサイコムとSEVENは標準で高品質なパーツを使用していたり、カスタマイズもかなり出来ます。ケースの種類も豊富でデザイン面でもこだわることが出来ます。

G-Tuneは使用パーツのメーカーが明記されていないですが、ハイエンドスペックも販売していますしストレージを多く搭載している商品が多いです。保証・サポートも強いのも魅力的でしょう。

 

【2022年】最強スペックパーツの選び方

グラボ

2022年現在、一般的に販売されているグラボは上記です。

その中でも最高峰のスペックを誇っているのが

  • RTX3090
  • RTX3080 Ti

になります。

最強ゲーミング性能を手に入れたいならこの二つから選ぶようにすると良いでしょう。

 

ちなみにフルHDで満足に遊ぶのであれば基本的にはRTX3070 Tiくらいで十分です。

 

 

CPU

  • Intel Core i9-12900K
  • Intel Core i9-11900K
  • AMD Ryzen9 5950X
  • AMD Ryzen9 5900X

2022年現在、CPUで最強スペックを選ぶのであれば上記CPUを搭載してあれば良いでしょう。

ゲーミング性能はIntel Core i9-12900Kが最強です。基本的にはハイエンドであるならば12900Kを選んでおけば問題ないでしょう。

 

 

 

ゲーミングPC 最強スペック まとめ

特徴 モデル メーカー
デュアル水冷 G-Master Hydro Z690 Extreme/D5 サイコム
高品質高スペック ZEFT G29ZL SEVEN
コスパの鬼 FRGBX570/SG6 フロンティア
イルミネーションが綺麗 Astromeda AQUA ASTROMEDA
性能を落としてストレージ回り強化 G-Tune HP-Z-SP G-Tune

2022年最強のゲーミングPCはサイコムのG-Master Hydro Z690 Extreme/D5でしょう。他にない唯一無二のデュアル水冷でイキれます。

コスパがどうかしてるFRGBX570/SG6なんかもおすすめですね。

ZEFT G29ZLAstromeda AQUAは納期も速くすぐにでも遊びたい方にはおすすめです。

G-Tune HP-Z-SPは3ゲーミング性能は少し落ちますが、ストレージ回りが強く動画編集などにも向いています。

いずれにしても高額なゲーミングPC達ですので、しっかり考えてみてください。

-BTO, ゲーミングPC
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5