ゲーミングPC

Ghostwire: Tokyoの推奨スペックとおすすめゲーミングPC

2022年5月16日

ghostwire tokyo 推奨スペック

悩み
Ghostwire: Tokyoの推奨スペックを知りたい!おすすめのゲーミングPCは?

このような方向けの記事です。

 

『Ghostwire: Tokyo』は2022年3月25日に発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

タイトルの通り東京を舞台としており現実の渋谷を忠実に再現されています。

本記事ではGhostwire: Tokyoの推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを紹介しています。

PCでGhostwire: Tokyoを遊びたい方は必見です。

 

Ghostwire: TokyoにおすすめのゲーミングPC

コンセプト モデル メーカー
低予算 LEVEL-M066-124-RXX パソコン工房
フルHD最高画質 PG-PH12 ストーム
4K入門  G-GEAR GA7J-G221/B ツクモ
4K最高環境 LEVEL-R769-LC129K-XAX パソコン工房

 

Ghostwire: Tokyo 推奨スペック

最低 推奨
CPU Intel Core i7-4770K
AMD Ryzen5 2600
Intel Core i7-6700
Ryzen5 2600
グラボ GTX1060
RX 5500XT
GTX1080
RX 5600XT
メモリ 12GB 16GB
ストレージ 20GB
OS Windows10

参照:Ghostwire: Tokyo | Steamストアページ

2022年3月リリースで流石に要求されるスペックはかなり高めですね。

グラボが最低でもGTX1060と推奨ではGTX1080と現行でも十分に使えるグラボです。

最低スペックでは30fps程度で動作する構成なので60fps程度は出せる推奨スペックを用意したいところです。

 

CPU

CPUの推奨スペックはIntel Core i7-6700とかなり高め。とはいえ新しめの世代のCPUなら問題はないです。

現行のゲーミングPCはローエンドモデルでもIntel Core i5-12400が搭載されており、これはi7-6700を大幅に上回る性能を持っているからです。

とりあえずIntel Core iシリーズ12世代を選んでおけば大丈夫です。

 

グラボ

推奨スペックのGTX1080は現行モデルであればRTX3060以上が必要になります。

ただその一つ下のGTX1660 TiでもフルHD最高画質設定で60fpsキープすることができます。

予算を抑えたい方はGTX1660 Tiを、多少余裕があるなら推奨スペックを満たせるRTX3060以上を選ぶようにすると良いでしょう。

 

メモリ

メモリは推奨16GBとなっています。

現行のゲーミングPCには16GB搭載されているので特に意識する必要も無いでしょう。

一部アウトレットや在庫処分セールでは8GB搭載モデルの販売もありますが、その場合は16GBにカスタマイズ可能ならしておきたいです。

ゲームのグラフィックの進化とともに推奨メモリも増えてきており、BTO市場を見ても今は16GB搭載しておくことが良しという傾向が見られます。

他のゲームをする場合でもメモリは16GBがおすすめになります。

 

ストレージ

ストレージは20GB以上の空きがあれば良いそうです。最新ゲームにしては少ない容量で遊べるんですね。

現行のゲーミングPCは最低限SSD容量が500GBはあるので、他にたくさんのゲームをインストールしないのであれば問題ないでしょう。

ただ用途によって結構必要容量も変わってきます。下記記事にて解説していますので是非参考にしてみてください。

 

Ghostwire: Tokyo 当サイト版推奨スペック

ゲームの推奨スペックは基本的には数世代前のパーツが記載されていることがほとんどで、今は販売されていないので分かりづらいと思います。

なので2022年主に販売されているパーツでの当サイトの『Ghostwire: Tokyo 推奨スペックは下記のようになります。

  • CPU:Intel Core i5-12400
  • グラボ:GTX1660 Ti 以上
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB以上

ローエンドのGTX1650ではフルHD最高画質で40fps前後くらいと役不足になります。

GTX1660 TiとRTX3050とはほぼ同程度の性能ですが、価格面性能面どちらもGTX1660 Tiが優れています。要はコスパが良いということなのでおすすめです。

 

Ghostwire: TokyoにおすすめのゲーミングPC

安く抑えるなら:LEVEL-M066-124-RXX

CPU Intel Core i5-12400
グラボ GTX1660 Ti
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
電源 500W 80PLUS BRONZE認証
ケース InWin EM058 ミニタワー
OS Windows11 Home

パソコン工房公式サイトで詳細を見る

ポイント

  • 60fps安定最安値
  • キーボード&マウス付属
  • 安心の最長4年保証

安く抑えつつ遊びたいならパソコン工房の『LEVEL-M066-124-RXX』がおすすめです。

グラボがGTX1660 TiなのでフルHD高画質でしっかりと60fps安定プレイ可能な性能。

CPUがIntel Core i5-12400と高性能で動画編集もこなしてくれます。

メモリが16GBとSSD容量が500GBと一般的な構成でこの価格帯なら十分でしょう。予算が許すならSSD1TBへのアップグレードを推奨します。

パソコン工房では高級品では無いけどキーボードとマウスも付属しているので周辺機器の初期費用も抑えることができます。

最長4年間の保証を付けることもできるので、知識のない方でも故障時には安心でしょう。

安く抑えたいならおすすめの1台です。

 

推奨スペックを満たすなら:PG-PH12

CPU Intel Core i5-12400
グラボ RTX3060
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
電源 850W 80PLUS GOLD認証
ケース METALLICGEAR NEO AIR ミドルタワー
OS Windows11 Home

ストーム公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • コスパ最高
  • 銀軸キーボード&マウス付属
  • デザイン良し

フルHD最高画質で遊びたいという方はストームの『PG-PH12』がおすすめです。

グラボがRTX3060なのでフルHD最高画質にて60fps安定プレイ可能。Apex Legendsでは144fps安定で対人ゲームでも強いです。

メモリが16GBとSSD容量が500GBと一般的な構成でこの価格帯なら十分でしょう。予算が許すならSSD1TBへのアップグレードを推奨します。

さらにストームのゲーミングPCにはゲーマー向けの銀軸ゲーミングキーボードとゲーミングマウスが付属しています。

ケースのデザインも良く、LEDファンも搭載されています。

それでいてRTX3060搭載モデルでは業界最安値と、とにかくコスパに優れています。

コスパ重視という方にはおすすめの1台です。

 

4K入門:G-GEAR GA7J-G221/B

CPU Intel Core i7-12700
グラボ RTX 3070Ti
メモリ 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2規格)
電源 750W 80PLUS GOLD認証
ケース G-GEAR  ミドルタワー
OS Windows11 Home

ツクモ公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • 4K入門性能
  • RTX3070 Ti業界最安値クラス
  • 安心のツクモ

4K解像度を格安で遊びたいならツクモの『G-GEAR GA7J-G221/B』がおすすめです。

グラボがRTX3070 Tiで4K最高画質60fpsと快適です。他の対人FPSではフルHD240fps安定プレイも可能で非常に高性能。

CPUがIntel Core i7-12700とかなり高性能でゲーミング性能はもちろん動画編集も余裕です。

メモリが16GBと十分ですし、SSD容量が1TBあるのでゲームやメディアファイルもたくさん保存しておけます。

RTX3070 Ti+最新i7の組み合わせでは業界最安値でコスパにも優れています。

保証やサポートにも強いツクモからの販売という事で初心者でも安心です。

4Kを格安で遊びたいならおすすめの1台です。

 

4K最高環境:LEVEL-R769-LC129K-XAX

CPU Intel Core i9-12900K
CPUクーラー 360mm 水冷クーラー
グラボ RTX 3090
メモリ 32GB DDR4
SSD 1TB(M.2 NVMe)
マザボ MSI製 Z690
光学ドライブ 無し
電源 800W 80PLUS GOLD
ケース ミドルタワー
OS Windows11 Home

パソコン工房公式サイトで見る

詳しくはコチラ

ポイント

  • 高コスパ
  • キーボード&マウス付属

コスパ重視ならパソコン工房の『LEVEL-R769-LC129K-XAX』がおすすめです。RTX3090搭載ゲーミングPCが欲しいならとりあえずコレでいいです。

グラボはRTX3090と最高峰の性能で4K最高画質でプレイするにはもってこいです。

CPUがIntel Core i9-12900KFとしっかりRTX3090の性能を引き出してくれます。

SSD容量が1TBとデータ保存にも困りません。

電源は80 PLUS GOLDと品質も高く多少の電気代削減にも繋がります。

最高峰のスペックを誇っていますが、RTX3090+Core i9-12900Kではかなり安くコスパに優れています。

4K最高画質で遊びたいならおすすめの1台です。

 

Ghostwire: Tokyo 推奨スペック&おすすめゲーミングPC まとめ

Ghostwire: Tokyo 当サイト推奨スペック

  • CPU:Intel Core i5-12400
  • グラボ:GTX1660 Ti 以上
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB以上

 

コンセプト モデル メーカー
低予算 LEVEL-M066-124-RXX パソコン工房
フルHD最高画質 PG-PH12 ストーム
4K入門  G-GEAR GA7J-G221/B ツクモ
4K最高環境 LEVEL-R769-LC129K-XAX パソコン工房

Ghostwire: Tokyoの推奨スペックとおすすめゲーミングPCの紹介をしてきました。

さすがに最新のゲームだけあって要求されるスペックはかなり高いものでした。

とはいえフルHDであれば最新モデルのミドルスペックくらい用意しておけばまぁ快適にプレイできます。

4Kを目指すならハイスペックモデルを選ぶようにしましょう。

-ゲーミングPC
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5