ゲーミングPC

PG-PH12の性能レビューと評価【STORM】

2022年7月18日

特徴まとめ

  • コスパに優れている
  • ライティング対応
  • 納期が遅め

本記事では、ストームの『PG-PH12』の性能やスペック解説をしています。

RTX3060搭載で非常にコスパが良く当サイトおすすめNo.2ゲーミングPCとなっていますので、是非参考にしてみてください。

ストーム公式サイトで見る

 

PG-PH12のスペック

CPU Intel Core i5-12400
グラボ RTX 3060
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2 Gen3)
マザボ B660 Micro-ATX DDR4
光学ドライブ なし
電源 850W 80PLUS GOLD認証
ケース MetallicGear NE520A ミドルタワー
OS Windows11 Home

 

PG-PH12のゲーミング性能

RTX3060ということで現行のグラボで見ると下寄りの性能ですが、フルHDでは144fpsを実現できるほどの性能で十分でしょう。

 

タイトル フルHD低画質 フルHD高画質 4K低画質
Apex Legends 160fps 120fps 95fps
フォートナイト 240fps 130fps 175fps
Valorant 300fps↑ 240fps 220fps

人気のFPSゲーム等では144Hzモニターを活用したいところですが、RTX3060以上の性能があれば安定します。

144Hzモニターと60Hzモニターとでは雲泥の差なので、144fps安定できるRTX3060以上を選んで欲しいというのが本音。

またRTX3060程度ではオーバースペックになるなんてことも無く、価格もべらぼうに高い訳では無いので、かなりおすすめのグラボです。

 

ただフルHD環境でのプレイを想定したスペックなので、4Kには不向きですね。もちろんタイトルによっては低画質であれば運用可能。

ですが4Kには最低でもRTX3070 Ti、推奨はRTX3080以上となります。

グレード 性能目安
NEW! RTX4090 4K高画質高フレームレート
RTX3090 Ti 4K高画質
RTX3090
RTX3080 Ti 4K
WQHD高画質
RTX3080
RTX3070 Ti WQHD
フルHD240fps安定
RTX3070
RTX3060 Ti フルHD144fps安定
(240fpsも狙えるが安定ではない)
RTX3060
GTX1660 Ti フルHD144fps
(場面によっては100fpsくらいまで落ち込む)
RTX3050
GTX1660 SUPER
GTX1650 フルHD100fps

 

PG-PH12のパーツ解説

CPU

ポイント

Intel Core i5-12400

ゲーム性能〇

動画編集などもこなします。

12世代Intel Core i5-12400搭載です。これは11世代の上位モデルであるCore i7-11700よりも高性能でコスパに優れています。

Core iシリーズのランク的には下の方にはなりますが、動画編集も全然こなしてくれます。

RTX3060グラボとの相性も現行だと最も適しているCPUになります。

 

メモリ

メモリはCrucial製DDR4の16GB搭載。標準ではどこのメーカーのメモリを使用しているか記載のないBTOメーカーが多いですが、ストームでは高品質のCrucial製を採用していて安心です。

ほとんどのゲームは16GBでも足りますが、タルコフなど一部のゲームをプレイする場合や動画編集や配信もするなら32GBあった方が良いです。

 

マザーボード

B660 Micro-ATX DDR4とのことですが、残念ながらメーカーの記載などは特にありません。

同じ世代のチップセットがB660以外にも、H670やZ690などがありますが、Core i5-12400はオーバークロックに対応していないので、特に問題ありません。

一部マザボには無線LANが搭載されていることもありますが、こちらは有線LANのみですので注意してください。

 

SSD

SSDは500GB(M.2 Gen3)搭載です。

容量に関しては個人的には1TBへのカスタマイズ推奨です。最近のゲームは1タイトル50GB~100GBくらいが多いので500GBではあっという間に空きが無くなるかと思います。

標準ではGen3ですが、更に高速化されたGen4もカスタマイズにて選択可能です。

+ Genとは?(クリックで詳細)

SSDの世代のこと。

Gen3は第3世代、Gen4は第4世代。

理論値的にはGen4はGen3の倍速。

 

電源

電源は850W 80PLUS GOLD搭載です。

RTX3060搭載ゲーミングPCには700W電源採用が多い中で、ストームでは850Wと余裕があります。

850Wというと上位グラボのRTX3070 Ti程度までなら対応できるので、スペック不足を感じた際にグラボだけ換装することも出来そうですね。後ほど解説もしますが、ケースがミドルタワーなのでサイズに問題もありません。

 

ケース

ケースはミドルタワーの「METALLICGEAR NEO AIR」を採用しています。ケースサイズ:高さ460mm 奥行450mm 幅200mm

フロントに2、リアに1の合計3つのRGBファンを搭載しています。

フロントはメッシュ状になっており、通気性が高いので冷却性能が期待できます。

3.5インチHDDベイ2基、2.5インチSSDベイ3基搭載とストレージ増設も余裕があります。標準ではM.2 SSD500GBだけですが、ストレージは後から自分で増設するのもありですね。

 

フロントIO:USB3.0 x2/ヘッドホン/マイク/リセット/LEDコントロール/電源

IO周りはトップ(天面)にあります。

USB3.0×2ポートと何かと便利かなと思います。

 

サイドパネルはガラスパネルで内部が見える構造となっています。

個人的にはガラスパネルが好きなのでこれは嬉しいデザイン。

 

PG-PH12の強み

コスパに優れている

RTX3050 + Core i5-12400の組み合わせで158,800円となっています。

価格の安さだけを言えば競合モデルであるパソコン工房の『LEVEL-M06M-124-RBX』が優位ではあるのですが、PG-PH12の方が良いスペックを持っています。具体的には80PLUS GOLDと高品質な電源を採用していたり、ミドルタワーケースで冷却性にも優れています

こちらのスペックに合わせたカスタマイズを『LEVEL-M06M-124-RBX-U』でやってみるとPG-PJ12のコスパの良さがわかるはずです。

この後競合モデルとの比較も行っていますので参考にしてみてください。

 

ライティングに対応

フロント×2 , リア×1の計3つのファンがライティングに対応しています。

どうしてもライティング対応のゲーミングPCは高くなりがちですが、それでもこの低価格を実現しているのでここでもコスパの良さが伺えるかと思います。

 

 

PG-PH12の弱み

納期が遅め

ストームでは執筆現在で7~9日営業日での出荷となっています。

元々は5~8日と可もなく不可もなくといった納期でしたが、現在は他BTOメーカーと比べても比較的長めかなと思います。

たぶん、ゲーミングPCを注文したら届くのが待ち遠しくて仕方ないはず。2週間程度待つのが辛いと思うのであればこの納期というのは痛手でしょう。

 

PG-PH12 の競合モデル

PG-PH12
LEVEL-M06M124-RBX
GALLERIA RM5C-R36
特徴 コスパ重視 キーマウ付属 納期重視
メーカー ストーム パソコン工房 ドスパラ
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i5-12400
グラボ RTX3060 RTX3060 RTX3060
メモリ 16GB DDR4 16GB DDR4 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格) 500GB(M.2規格) 500GB(M.2規格)
電源 850W GOLD 700W BRONZE 650W BRONZE
マザボ B660 Micro-ATX B660 Micro-ATX B660 Micro-ATX
ケース ミドルタワー ミニタワー ミニタワー
OS Windows11 Home Windows11 Home Windows11 Home
商品ページ 公式サイト 公式サイト 公式サイト

価格に関しては変動が激しく更新が追い付かない場合もあり、もしかするとここに記載しているよりも高い場合はガッカリさせてしまうこともあるかもしれないので常に最新情報である公式サイトで確認してほしいと思います。

大手のパソコン工房とドスパラの競合モデルとの比較です。この中ではやはりストーム『PG-PH12』がおすすめです。電源容量が850Wと多めなので将来的にグラボを換装したい場合にも対応できるモデルが多くなります。具体的に現行モデルのハイエンドクラスRTX3090も動かせるほど80PLUS GOLDで品質も高い。おまけにミドルタワーであれば拡張性や冷却性にも優れています。他2モデルのミニタワーでは上位グラボがケース内に収まりきらない可能性も大きい

パソコン工房『LEVEL-M06M124-RBX』は最安値かつキーボード&マウスも付属なのでデバイス初期費用も抑えることができるので実質的な価格差はもう少し大きいでしょう。どうせスペック不足を感じた時にはパソコン1台まるまる買い替えるなんて方には最高の1台かもしれません。

ドスパラ『GALLERIA RM5C-R36』は最短翌日出荷に対応しているので、購入するからには早く届いてほしい、すぐにでもPCゲームを遊びたいという方の選択肢とはなるでしょう。ただし比較モデルの中ではコスパは最悪となります。

誰向け?

  • 将来性あり、コスパ最強:PG-PH12(本モデル)
  • 最安値、キーボード&マウス付属:LEVEL-M06M124-RBX
  • 最短翌日出荷対応:GALLERIA RM5C-R36

 

PG-PH12 評価まとめ

特徴まとめ

  • コスパに優れている
  • ライティング対応
  • 納期が遅め

ストーム『PG-PH12』について解説してきました。

このモデルだけに言えることでもないですが、ストームはとにかくコスパが良すぎます。

RTX3060搭載でフルHD144fps安定プレイ可能な性能です。

ケースデザインも良く、ピカピカと光るゲーミングPCが欲しいという方にもおすすめです。

PG-PH12

CPU Intel Core i5-12400
グラボ RTX 3060
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
マザボ B660 Micro-ATX DDR4
光学ドライブ なし
電源 850W 80PLUS GOLD認証
ケース MetallicGear NE520A
OS Windows11 Home

ストーム公式サイトで見る

 

 

-ゲーミングPC
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5