ゲーミングPC

エルデンリングの推奨スペックとおすすめゲーミングPC紹介

2022年3月6日

エルデンリング スペック

はてな

エルデンリングのPC版にはどれくらいのスペックが必要?

エルデンリングにおすすめのPCを知りたい!

このような方向けの記事です。

 

メタスコア97点の高得点を叩き出し、2022年のGOTYにも選出されるのではないかというELDEN RING

本記事ではELDEN RINGのPC版に必要なスペックを解説し、おすすめのゲーミングPCを紹介しています。

そのグラフィック美から最低限の要求スペックも高めですので、注意が必要です。

 

エルデンリング 最低・推奨スペック

最低スペック 推奨スペック
OS Windows 10 Windows 10 / 11
CPU Core i5-8400
Ryzen3 3300X
Core i7-8700K
Ryzen5 3600X
メモリ 12GB 16GB
グラボ GeForce GTX 1060 3GB
Radeon RX 580
GeForce GTX 1070
Radeon RX VEGA 56
ストレージ 60GB

要求されるスペックはかなり高めとなっています。

最低スペックとしてCPUがIntel Core i5です。世代的には8世代と少し古めなので現状販売しているCore i5を選んでおけばとりあえず問題は無いでしょう。

グラボがGTX1060 3GBとこちらもかなり高めです。最低スペックにGTXを指定されているのゲームって中々無いかと思います。とはいえこちらも現行のGTXシリーズを購入するのであればカバーできます。

 

ただしゲームの最低スペックというのは、とりあえず動くレベルのスペックだったりするので推奨スペック以上で遊びたい所。

そしてその推奨スペックがこれまたかなり高いのだ。

CPUはintel Core i7と第8世代CPUの中では最高性能のCPUです。8世代ではi9がありませんでしたので。

グラボにはGTX1070と結構高性能です。

 

とまぁ、最低・推奨スペックが高いとは話しましたが、結構古いスペックなので、現行のゲーミングPCであれば満足にプレイすることが出来るでしょう。

エルデンリングは現在60fpsが上限となっているが、60fpsしっかりと出すとなるとRTX3060以上を購入しておくと良さそうだ。

ただ今後144fpsにも対応する可能性もあり、それを考慮してもう少し高いスペックのゲーミングPCも検討したいところですね。

 

エルデンリング:おすすめゲーミングPC

PG-PH12

CPU Intel Core i5-12400
グラボ RTX3060
メモリ 16GB DDR4
SSD 500GB(M.2規格)
電源 850W 80PLUS GOLD認証
ケース METALLICGEAR NEO AIR ミドルタワー
OS Windows11 Home

ストーム公式サイトで見る

詳しくはコチラ

価格を抑えつつ遊びたいならPG-PH12がおすすめです。

フルHDで60fpsは安定してプレイすることが出来る最低ラインの性能です。

他のどのゲームでも、このRTX3060を選んでおくと快適にプレイングが出来ます。

CPUがCore i5-12400と最新12世代でi5ながら推奨スペックのi7-8700Kよりは高い性能を持っているので問題なし。

SSDが500GBと少し心もとないかなと思いますが、最悪後からでも増設しやすいので一旦はOKかもしれません。

外観を見てもサイドパネルが強化ガラス採用で内部が見える構造になっておりデザイン面でも優れていると思います。

ケースがミドルタワーで電源が850W 80PLUS GOLD認証と品質も良く容量も十分ですので将来性もあります。

ゲーマーに人気の銀軸ゲーミングキーボードとゲーミングマウスが付属してきます。

かなりコスパに優れた1台です。

 

 

G-GEAR GA7J-G221/B

CPU Intel Core i7-12700
グラボ RTX 3070Ti
メモリ 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2規格)
電源 750W 80PLUS GOLD認証
ケース G-GEAR  ミドルタワー
OS Windows11 Home

ツクモ公式サイトで見る

詳しくはコチラ

フルHDをしっかりと遊びたい、WQHDでも遊びたいという方にはG-GEAR GA7J-G221/Bがおすすめです。

現状エルデンリングは60fps上限がありますが、今後のアップデートで公式に144fps対応したり、MODで対応したりするかもしれません。

そこでもこのスペックならかなり安心できそうです。

RTX3070 Tiは先程のRTX3060より2ランク(RTX3060 Ti , RTX3070)高い性能となっています。一気に性能飛びすぎでは?と思ったかもしれません。

しかしRTX3060 Ti では凄く大きなスペックアップにはならず、RTX3070は現在コスパが悪いです。(RTX3070 Tiと大差ない)

CPUがIntel Core i7-12700、SSDの容量が1TB、メモリ16GBとかなり良い性能です。

 

 

LEVEL-R66P-LC127-VAX

CPU Intel Core i7-12700
グラボ RTX3080
メモリ 32GB DDR4
SSD 1TB NVMe
電源 800W 80PLUS GOLD認証
ケース パソコン工房 RGB Build ミドルタワー
OS Windows10 Home

パソコン工房で詳細を見る

4K最高設定にはLEVEL-R66P-LC127-VAX-ZETA DIVISION [RGB Build]がおすすめです。

4Kともなると結構要求されるスペックも高く、RTX3080以上が必要みたいです。

CPUがIntel Core i7-12700、SSDの容量が1TB、メモリは32GBと十分です。

性能もさることながら、デザイン面にも注目したいですね。

RGB Buildとその名の通り、LEDが綺麗に光るモデルとなっています。

ZETAコラボモデルの為、イメージ画像は緑っぽく光っていますが、当然好きな色に光らすことが出来ます。

 

 

FRGBX570/SG6

CPU AMD Ryzen9 5900X
グラボ RTX 3090
メモリ 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2 NVMe)
HDD 2TB
電源 1000W 80PLUS GOLD
ケース フロンティア ミドルタワー
OS Windows10 Home

フロンティア公式サイトで詳細を見る

今後対応されるであろうレイトレーシングやMODを考慮して更なるグラフィック美にも備えたいという方にはFRGBX570/SG6がおすすめです。

現状最高峰のRTX3090を搭載しておりゲーミング性能においては言う事なし。

メモリが16GBと十分ですし、SSDが1TBに加えて標準でHDDが2TBもあります。最近はSSDだけのモデルが多い中、しっかりとHDDも搭載しているため安心です。

それでいて、RTX3090搭載ゲーミングPCでは最安値です。コスパ最強です。

 

まとめ

最低スペック 推奨スペック
OS Windows 10 Windows 10 / 11
CPU Core i5-8400
Ryzen3 3300X
Core i7-8700K
Ryzen5 3600X
メモリ 12GB 16GB
グラボ GeForce GTX 1060 3GB
Radeon RX 580
GeForce GTX 1070
Radeon RX VEGA 56
ストレージ 60GB

 

コンセプト モデル メーカー おすすめ度
とにかく安く PG-PH12
ストーム
WQHDや144fpsに備える G-GEAR GA7J-G221/B ツクモ
4K高画質プレイ LEVEL-R66P-LC127-VAX パソコン工房
レイトレーシング&MODに備える FRGBX570/SG6 フロンティア

ことエルデンリングに限っては他のゲームに比べて高スペックゲーミングPCが必要になるので、RTX3080くらいのPCがあると4Kで楽しむことも出来るのでおすすめかなと思います。

 

-ゲーミングPC
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5