BTO

【VSPEC】BTOショップ評判と特徴を解説

2020年12月14日

 

BTOショップのVSPECってどんなお店?カスタマイズが凄いけど買っても平気?

こんなお悩みを解決します。

 

VSPECの特徴は下記の通り。

ポイント

  • 価格は高め
  • ぶっ飛んだカスタマイズ性
  • 様々なニーズに対応

こういった特徴を詳しく見ていきます。

 

評価表
おすすめ度
価格
カスタマイズ
知名度
店舗数

VSPEC公式サイト

 

 

VSPECの評判は?

 

価格

アークその他のBTOショップ同じスペックのパソコンの価格比較をしてみました。

スペックは下記の通り。

OS Windows10 HOME
CPU Intel Corei7-10700
GPU Geforce RTX 3070 8GB
メモリ 16GB
電源 750W  GOLD
SSD m.2 ssd 500GB程度
HDD 2TB
光学ドライブ DVDドライブ
ケース 価格合わせるくらい

とりあえず今、定番そうなi7とRTX3070の組み合わせです。

これくらいのスペックで売りに出されているもので、メモリなどの容量を調整するくらいのカスタムでほぼ標準のものの価格比較となります。

 

そのときの価格が下記の通り。

ショップ 価格
パソコン工房 ¥188,078
ストーム ¥189,200
ツクモ ¥190,780
ドスパラ ¥192,698
フロンティア ¥198,880
サイコム ¥216,770
SEVEN ¥219,780
アーク ¥224,420
G-Tune ¥227,260
VSPEC ¥253,850

価格は一番高いという結果になりました。

 

カスタマイズ

カスタマイズできる総パーツ数を各ショップで比較してみました。

それが下記の表の通り。

ショップ カスタマイズ数
VSPEC 465
アーク 168
SEVEN 126
サイコム 126
ツクモ 40
ドスパラ 39
パソコン工房 28
ストーム 26
フロンティア 21
G-Tune 21

他社を寄せ付けないカスタマイズの豊富さです。もう桁違いすぎますね。

もうね、465ものパーツを一つ一つ数えるのが大変でした。

 

ただしカスタマイズは上記画像の通り、製品名がズラーっと並べられているだけです。

これはかなり知識のある人じゃないとパーツを選ぶのは難しそうです。

これだけの選択肢があるのは、組み立てを省いた自作パソコンとも言えます。

もちろん、カスタマイズせずとも良い物を使っているので、標準パーツのまま購入するのはありです。

 

支払い方法

  • 銀行振込
  • 代金引換
  • 掛け払い
  • クレジットカード

 

銀行振込は先払いになります。

 

代金引換では購入金額によって手数料が異なってきます。

購入金額 手数料
30,000円未満 ¥550
30,000~99.999円 ¥770
100,000~299,999円 ¥1,210
300,000以上 ¥2,420

 

 

保証

初期不良期間:2週間

無償修理期間:1年間

 

無償修理期間は1年だけとなっています。

延長などはございませんのでご注意ください。

 

まとめ

VSPECの特徴は下記の通り。

ポイント

  • 価格は高め
  • ぶっ飛んだカスタマイズ性
  • 様々なニーズに対応

VSPEC公式サイト

-BTO
-

© 2021 がじぇけん Powered by AFFINGER5