BTO

G-Tuneの評判と特徴を解説【BTO】

2020年12月30日

 

はてな

BTOショップのG-Tuneってどんなお店?

こんなお悩みを解決します。

 

G-Tuneはマウスコンピューターのゲームパソコンブランドです。

 

評価表
おすすめ度
価格
カスタマイズ
知名度
店舗数

G-Tune公式サイトはこちら

 

こちらもCHECK

【2022年】BTOパソコンおすすめメーカーはどこ?厳選17社徹底比較

続きを見る

 

G-Tuneの強み

マウスコンピューターのブランドで安心感が強い

G-TuneマウスコンピューターのゲーミングPCブランドということで安心感が強いです。

というのもマウスコンピューターはCMなどでもよく見かけるパソコンメーカーです。乃木坂46やマツコ・デラックスさんを起用するなど、CMを見たことがあるのではないでしょうか?

パソコンは決して安くない買い物なので、信頼できるメーカーで購入したいという方も多いでしょう。

その点CMなどで積極的に宣伝しているマウスコンピューターは知名度もあり信頼できますね。

 

サポート体制が優れている

G-Tuneはサポート体制が優れています。

具体的には24時間365日電話サポート受付ですね。

意外かもしれませんが、いつでも電話でサポートしてくれるメーカーは中々無いんですよね。

パソコンは何かとトラブルに見舞われることがあるとは思います。そんな時に知識が無いと対処が困難ですが、いつでもサポートして頂けるのは非常にありがたいことです。

 

ケースバリエーション

G-Tuneでは『ハンドル付きミニタワー』『ミニタワー』『ミドルタワー』『フルタワー』の計4つのケースバリエーションが存在します。

ほとんどのBTOパソコンメーカーはミニタワーかミドルタワーの2展開、一部でフルタワーも選べたりします。

選べるケースサイズが豊富なことで、意図に合わせることが出来るんですね。

ケースサイズが小さい事、大きい事、それぞれにメリット・デメリットは存在します。

ケースサイズ メリット デメリット
ハンドル付きミニタワー 場所を取らない 冷却性能・拡張性が低い
フルタワー 冷却性能・拡張性が高い 置き場に困る

両極端なこの二つのケースの間に当たる、ミニタワーやミドルタワーが多いのは、それぞれのメリット・デメリットを中和してくれて程よい使い勝手だからでしょうね。

ただやはり「置き場所が限定されている」ので小さいケースが良いだとか、冷却面や拡張面は寿命にも関わる部分で「スペック重視が良い」から大きいケースが良いという方のニーズにも応えられるメーカーとなっています。

ゲーミングPCは何故でかい?小さいのはダメなのか解説

続きを見る

ゲーミングPCの排熱対策|購入前と後に出来ること

続きを見る

 

G-Tuneの弱み

価格は高い

G-Tuneはそれなりに価格は高めです。


OS Windows10/11 HOME
CPU Intel Core i7-12700
GPU Geforce RTX 3060 12GB
メモリ 16GB
電源 700~850W  GOLD
SSD m.2 ssd 1TB
マザボ B660
ケース 標準

G-Tuneは中間くらいですが、下の方はライティング重視であったり、圧倒的高品質であったり、フルカスタマイズであったりと、何かとコンセプトを持っている為に高額になっています。

対してG-Tuneは良くも悪くも特徴は無いが高額です。

とはいえ相違点にも記載していますが、標準スペックが高めのゲーミングPCが多かったりします。なのでコスパで見ると良いとは思います。

ですがほぼ同じスペックでも数万円安く購入できるメーカーもありますので、とにかく安く買いたいという方は他にも選択肢があるようですね。

 

カスタマイズは少ない

G-Tuneではカスタマイズ要素がかなり少なめとなっています。

メーカー カスタマイズ数
VSPEC 427
アーク 152
SEVEN 121
サイコム 117
ツクモ 39
パソコン工房 38
ドスパラ 31
ASTROMEDA 26
フロンティア 25
G-Tune 23
ストーム 18

主なメーカーのカスタマイズ選択量を比較した所、下から2番目という結果になりました。

とはいえストレージやメモリ増設など最低限カスタマイズしたい部分は可能ですし、それ以外の部分はそれなりに知識のある方向けのなので、カスタマイズが少ないことは弱みとは捉えなくても構わない方も多いでしょう。

 

納期が遅い

メーカー 納期目安
ドスパラ 1~5日
SEVEN 1~5日
Astromeda 1~2日
ツクモ 2~4日
パソコン工房 2~14日
ストーム 5~8日
VSPEC 5~14日
フロンティア 7~21日
アーク 7~10日
G-Tune 7~28日

G-Tuneでは最短7~と納期がかなり遅めではあります。中には1ヶ月程度要するモデルもあったりします。

 

+2,200円で翌営業日出荷サービスなどがありますが、ドスパラやSEVEN、Astromedaなど標準で納期の早いメーカーもあるので何だか微妙に感じてしまいますよね。

 

やはりゲーミングPCを注文したからには速く手元に届いて欲しいと思う方も多いでしょう。

イスイ
私も初めてゲーミングPC購入して届くの待っている時はソワソワしてました。
関連
BTOパソコンの納期比較!早く欲しいならどこがいい?

続きを見る

 

G-Tuneの評判

イスイ
ノーメンテで8年間稼働は凄すぎる!

 

イスイ
せっかくBTOで買うならサポートしっかりしててほしいですね。

 

イスイ
ドスパラどうとかは置いといて、G-Tuneはサポートよさそうですね。

 

支払い方法

  • 銀行振替
  • 代金引換
  • コンビニ決済
  • クレジットカード
  • ショッピングローン(ジャックス)

代金引換

パソコン1台につき税別2,000円の手数料がかかります。

1回の注文金額が20万円を超える場合は他の支払い方法に変更をお願いされる場合があります。

ハイエンドパソコンをお求めの方はご注意を。

 

コンビニ決済

パソコン1台につき税別500円の手数料がかかります。

 

 

保証・サポート

保証期間

標準で購入から1年間は無償修理をしてくれます。

24時間365日の電話サポートで、いつ不具合が起きても安心です。

また、最大3年、4年、5年の延長保証もあります。

最大で1年しか無償修理してくれないショップもある中、5年の保証はかなり手厚いです。

 

安心パックサービス

  1. 最短当日修理
  2. 初期不良期間内新品交換サービス
  3. 専用ダイヤル

上記3つのサービスが受けられます。

 

1.最短当日修理

標準のサポートでは修理に1週間程度かかるみたいですが、安心パックサービスに加入することで、最短当日に修理・返却となります。

 

2.初期不良期間内新品交換サービス

初期不良期間(商品到着から1か月以内)に不具合が発生した場合、サポートに連絡することで新品と交換してくれるサービスです。

 

3.安心パックサービス専用ダイヤル

専用の電話番号があり、経験と知識が豊富な専任スタッフによる迅速な対応をしてくれるみたいです。

 

まとめ

強み

  • マウスコンピューターブランドで安心感が強い
  • サポート体制が優れている
  • ケースサイズバリエーション豊富

弱み

  • 価格は高い
  • カスタマイズが少ない
  • 納期が遅い

G-Tuneの特徴や評判について解説してきました。

マウスコンピューターのブランドという事で、知名度もそれなりに高いのではないでしょうか。

Twitterでの口コミにもたくさんありました、サポートはしっかりしているみたいです。24時間365日体制というのも中々ないと思います。

ケースサイズが4種類あるので用途に合わせた選択が可能です。しかし欲しいスペックによっては選択できないこともあるので注意が必要です。

価格だけ見れば高いですが標準スペックが高いのでコスパが良いとも取れます。

カスタマイズは少ないですが、初心者ならそれほどカスタマイズもしないでしょうから逆に向いているともいえるでしょう。

標準の納期は遅めなので、早く届いて欲しい方は+2,200円で翌営業日出荷サービスを利用するか、納期の早いメーカーを選ぶようにしましょう。

-BTO
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5