BTO

【2021年・予算別】ドスパラのおすすめゲーミングパソコン紹介

2020年12月23日

はてな

ドスパラでゲーミングパソコン買おうと思ったけど、どれがいいか分からない!

こんなお悩みを解決します。

 

BTOメーカーでドスパラがおすすめと聞いたけど、どれを買えばいいか分からない。

そのような方に向けドスパラの予算別でのおすすめパソコンを紹介します。

ざっくりとどんな事が出来るか説明していきます。

 

 

ローエンド:8万円~

RM5R-G60S

 

価格 79,980 円(+税)
CPU Ryzen 5 3500
グラボ GTX1660  SUPER
メモリ 16GB DDR4
SSD M.2 NVMe 500GB
OS Windows10 Home

ポイント

  • ローエンドながら高性能
  • M.2SSD搭載で高速
  • メモリ16GB搭載でサクサク

 

CPU

AMDのRYZEN5 3500搭載です。

i5 10400に匹敵する性能で、かつ安価です。

CPUの価格が安いためにこのスペックで、約8万円という価格が実現しています。

ゲームだけを軽く遊びたいならCPUはこれで問題なしですね。

 

グラボ

GTX1660 SUPERを搭載しています。

APEXにおいて低設定で144fps、高設定で60fpsを安定して出せます。

fortniteでは低設定であれば240fpsも出せてしまいます。

この値段でこれだけの性能なら文句なしかなと。

 

メモリ

メモリは16GB搭載です。

この価格帯を買おうと考えている人にとってはちょっと多い気もしますね。

でもゲームと同時にブラウザとか開いておきたい人でも安心です。

 

ストレージ

SSDはM.2 NVMe接続の500GBのものを搭載しています。

パソコン自体の起動やゲームのロード時間なども高速です。

500GBは案外ゲームを数本入れると圧迫してきます。

その他にも音楽や動画ファイルを保存しておきたい人は、HDDの増設をおすすめします。

 

こんな方におすすめ

  • 予算を抑えたい方
  • ライトゲーマーの方

詳しくはコチラ

 

 

 

ミドルレンジ:12万円~

XA7C-R70S

 

価格 129,980 円(+税)
CPU Intel core i7 10700
グラボ RTX 2070 SUPER
メモリ 16GB DDR4
SSD M.2 NVMe 512GB
OS Windows10 Home

 

ポイント

  • 動画編集もこなす
  • RTX2070 SUPER搭載で中々高スペック
  • M.2SSD搭載で高速
  • メモリ16GB搭載でサクサク

 

CPU

IntelのCore i7-10700を搭載しています。

動画編集も余裕でこなします。

実況動画に興味ある人にもおすすめの性能です。

 

グラボ

RTX 2070 SUPERを搭載しています。

設定によっては240fpsも出せる性能です。

ただし、常に240fpsを出すとなると少し足りない場合も。

144fpsで良いなら余裕のグラフィック性能となっています。

 

メモリ

メモリはDDR4の16GB搭載です。

複数のアプリケーションを起動していても、もっさりすることは無いでしょう。

 

ストレージ

SSDはM.2 NVMe接続の512GBのものを搭載しています。

パソコン自体の起動やゲームの起動・ロード時間なども速いです。

このスペックを買おうと思っている方ならそれなりにゲームをプレイすると考えている方がほとんどだと思います。

なので512GBだと少ないかもしれませんので、HDD等の増設をお勧めします。

 

こんな方におすすめ

  • 144fps安定で出したい方
  • 240fpsもしくはそれに近い値でプレイしたい方
  • 動画編集などもやってみたい方

詳しくはコチラ

 

 

XA7C-R36T

 

価格 159,980 円(+税)
CPU Intel core i7 10700
グラボ RTX 3060Ti
メモリ 16GB DDR4
SSD M.2 NVMe 512GB
OS Windows10 Home

 

ポイント

  • 動画編集も出来る
  • 前世代ハイエンドクラスのグラフィック性能
  • M.2 NVMe SSD搭載で高速

 

CPU

IntelのCore i7-10700搭載です。

動画編集や実況動画に興味ある人にもおすすめの性能です。

 

グラボ

RTX3060Ti搭載となっています。

前世代上位モデルRTX2080 Superとほぼ互角の性能を誇っています。

RTX3060TiはRTX3000シリーズでは一番安いローエンドモデルなんです。

それが前の世代でいう上位なんて進化してますね。

 

ストレージ

SSDはM.2 NVMe接続の512GBのものを搭載しています。

NVMeのSSDなので高速です。

このスペックを買おうと思っている方ならそれなりにゲームをプレイすると考えている方がほとんどだと思います。

なので512GBだと少ないかもしれませんので、HDD等の増設をお勧めします。

 

こんな方におすすめ

  • ハイエンドに近い性能が欲しい方
  • 動画編集もやりたい方

詳しくはコチラ

 

 

XA7C-R37

 

価格 169,980 円(+税)
CPU Intel core i7 10700
グラボ RTX 3070
メモリ 16GB DDR4
SSD M.2 NVMe 1TB
OS Windows10 Home

 

ポイント

  • 動画編集もバッチリ
  • 前世代ハイエンドクラスのゲーム性能
  • ストレージも豊富

 

CPU

IntelのCore i7-10700搭載で動画編集に興味ある人にもおすすめの性能です。

なので実況動画なんかもやっていきたいならi7搭載パソコン選んでおきたいです。

 

グラボ

前世代RTX2000シリーズの最高峰であるRTX2080Tiと同等のグラフィック性能です。

もはや困ることのない性能をしています。

今現在の最もおすすめのグラボです。

240fps安定で出せるでしょう。

 

ストレージ

M.2 NVMe接続のSSD1TBのものを搭載しています。

ゲームだけをプレイしたいとかなら割と余裕があるかなと。

ゲーム実況で動画ファイル大量に保存となってくると別にHDDを増設したほうがいいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • ハイエンドクラスのPCが欲しい方
  • 容量多めのSSDが欲しい方
  • 動画編集もやりたい方

ハイエンド:25万円~

ZA9C-R38

 

価格 245,980 円(+税)
CPU Intel core i9 10850K
グラボ RTX 3080
メモリ 16GB DDR4
SSD M.2 NVMe 1TB
OS Windows10 Home

 

ポイント

  • core i9 搭載で動画編集にも強い
  • グラフィック性能はもはやオーバースペック
  • SSDも1TBと大容量

 

CPU

IntelのCore i9-10850K搭載となっています。

Core iシリーズの最上位モデルがi9です。

i7よりも更に高スペックで動画編集やYouTubeやTwitchでのゲーム配信にも向いています。

 

グラボ

RTX3080というグラフィックボードを搭載しています。

4K画質においても144fpsを出せてしまう性能となっております。

現状主流の解像度がフルHDなのでもはやオーバースペックとも言えますね。

 

こんな方におすすめ

  • 不満なくPCライフを楽しみたい方
  • 動画編集や生配信をしたい方

詳しくはコチラ

 

まとめ

モデル 価格 おすすめ
ローエンド RM5R-G60S 79,980 円(+税)
ミドルレンジ XA7C-R70S 129,980 円(+税)
XA7C-R36T 159,980 円(+税)
XA7C-R37 169,980 円(+税)
ハイエンド ZA9C-R38 245,980 円(+税)

 

ローエンドモデルは最低限って感じのスペックです。

ミドルレンジの3機種はおすすめです。

特にXA7C-R36TXA7C-R37はコスパに優れています。

ハイエンドモデルに関しては、オーバースペックとはいったものの長い目で見るとスペックが高いに越したことはありません。

予算に余裕があれば購入検討してみてはいかがでしょうか。

 

-BTO
-

© 2021 がじぇけん Powered by AFFINGER5