ゲーミングPC

PG-PD12の性能レビューと評価【STORM】

2022年8月9日

PG-PD12

本記事では、ストームの『PG-PD12』の性能やスペック解説をしています。

最新パーツを採用したRTX3080搭載ゲーミングPCでコスパ重視という方におすすめのモデルとなります。

特徴まとめ

  • 最新規格DDR5メモリ搭載
  • 高品質大容量電源搭載
  • デザイン良し
  • コスパに優れている
  • 納期が遅め

ストーム公式サイトで見る

 

PG-PD12のスペック

CPU Intel Core i7-12700
グラボ RTX 3080
メモリ 16GB DDR5
SSD 1TB(M.2 Gen4)
マザボ MSI Z690-A WIFI DDR5
光学ドライブ なし
電源 1200W 80PLUS Platinum
ケース MetallicGear NE520A
OS Windows11 Home

 

PG-PD12のゲーミング性能

rtx3080 性能

RTX3080搭載ということでハイスペックに分類されるでしょう。

 

タイトル フルHD 低画質 フルHD 高画質 4K 低画質 4K 高画質
Apex Legends 300fps 225fps 190fps 110fps
フォートナイト 300fps↑ 230fps 230fps 90fps
Valorant 300fps↑ 280fps 260fps 230fps

フルHDであれば高画質でも240Hzモニターを活かせそうです。極端に高画質に設定したものなので調整さえすれば大丈夫そうです。

4K低画質でも144fps以上出せる性能と素晴らしいです。

こんな方におすすめ

  • フルHD高画質240fpsプレイしたい
  • 4Kゲーミングを安価でプレイしたい

 

フルHDのみで144Hzモニターでも良い方ならオーバースペックかもしれません。

グレード 性能目安
RTX3090 Ti 4K高画質
RTX3090
RTX3080 Ti 4K
WQHD高画質
RTX3080
RTX3070 Ti WQHD
フルHD240fps安定
RTX3070
RTX3060 Ti フルHD144fps安定
(240fpsも狙えるが安定ではない)
RTX3060
GTX1660 Ti フルHD144fps
(場面によっては100fpsくらいまで落ち込む)
RTX3050
GTX1660 SUPER
GTX1650 フルHD100fps

 

PG-PD12のパーツ解説

CPU

ポイント

Intel Core i7-12700

ゲーム性能〇

動画編集や配信などもこなします。

現行最新12世代Intel Core i7-12700搭載でかなり高性能です。

RTX3070 以上であればi5ではボトルネックも気になってくるのでi7-12700は相性が良いです。

動画編集や配信もこなしてくれる良いCPU。

 

メモリ

ポイント

  • 最新規格DDR5採用

メモリは最新規格であるDDR5で16GB搭載です。DDR4とDDR5では互換性が無く、今後DDR5が主流になると考えると先取りしておけるのは非常に嬉しいです。

ほとんどのゲームは16GBでも足りますが、タルコフなど一部のゲームをプレイする場合や動画編集や配信もするなら32GBあった方が良いこともあり安心です。

 

SSD

SSDは1TB(M.2 Gen4)搭載です。

容量に関しては基本的には1TBもあれば十分かと思います。最近のゲームは1タイトル50GB~100GBくらいが多いので、タイトル数に応じて容量変更も検討してください。

標準で最新世代Gen4と抜け目が無いです。

+ Genとは?(クリックで詳細)

SSDの世代のこと。

Gen3は第3世代、Gen4は第4世代。

理論値的にはGen4はGen3の倍速。

 

マザーボード

マザーボードはMSI PRO Z690-A WIFI DDR5搭載です。

MSIといえば自作PCユーザーからも人気の高いメーカーで品質は間違いありません。

名前の通りWi-Fi(無線LAN)に対応しているので、有線ので接続が厳しいという方でもインターネットへの接続が可能となります。もちろん有線のほうが高速かつ安定なので有線がおすすめですけど。

 

電源

1200W電源を搭載。80PLUS PLATINUMと品質も高い。

高消費電力のCPUとグラボをしっかりと稼働させてくれます。

出力
規格 20% 50% 100%
80PLUS STANDARD 80% 80% 80%
80PLUS BRONZE 82% 85% 82%
80PLUS SILVER 85% 88% 85%
80PLUS GOLD 87% 90% 87%
80PLUS PLATINUM 90% 92% 89%
80PLUS TITANIUM 92% 94% 90%

BTOパソコンで80 PLUS TITANIUMの販売は見かけたことがないので、80PLUS PLATINUM は実質最上位と言ってもよい電源です。

 

ケース

ケースはミドルタワーの「METALLICGEAR NEO AIR」を採用しています。ケースサイズ:高さ460mm 奥行450mm 幅200mm

フロントに2、リアに1の合計3つのRGBファンを搭載しています。

フロントはメッシュ状になっており、通気性が高いので冷却性能が期待できます。

3.5インチHDDベイ2基、2.5インチSSDベイ3基搭載とストレージ増設も余裕があります。標準ではM.2 SSD500GBだけですが、ストレージは後から自分で増設するのもありですね。

 

フロントIO:USB3.0 x2/ヘッドホン/マイク/リセット/LEDコントロール/電源

IO周りはトップ(天面)にあります。

USB3.0×2ポートと何かと便利かなと思います。

 

サイドパネルはガラスパネルで内部が見える構造となっています。

個人的にはガラスパネルが好きなのでこれは嬉しいデザイン。

 

PG-PD12の強み

最新規格DDR5メモリ搭載

メモリは最新規格であるDDR5です。

DDR4とDDR5では互換性が無く、今後DDR5が主流になると考えると先取りしておけるのは非常に嬉しいです。

例えば今、DDR4メモリのゲーミングPCを買うとして、後ほどDDR5に換装したい場合はマザーボードも交換する必要があります。

マザーボードの交換となると、自作PCを組み立てられるほどの知識が必要になってきます。

最新規格を先取りすることで今後の寿命も長いのでおすすめです。

 

コスパが良い

  • DDR5メモリ
  • 1200W 80PLUS PLATINUM電源
  • デザインの良いケース

など非の打ち所がないスペックでありながらCore i7-12700 + RTX3080 構成では業界最安値ととにかくコスパに優れています

RTX3080以外のゲーミングPCにおいてもストームでは圧倒的コスパを実現しています。

イスイ
それこそ利益大丈夫なのか心配なほどですね

 

 

PG-PD12の弱み

納期は遅め

ストームでは執筆現在で7~9日営業日での出荷となっています。

元々は5~8日と可もなく不可もなくといった納期でしたが、現在は他BTOメーカーと比べても比較的長めかなと思います。

たぶん、ゲーミングPCを注文したら届くのが待ち遠しくて仕方ないはず。3週間弱待つのが辛いと思うのであれば18~20日の納期というのは痛手でしょう。

 

 

PG-PD12の競合モデル

PG-PD12

G-Tune EP-Z

GALLERIA XA7C-R38

特徴 安さ重視 ハイスペック 納期重視
メーカー ストーム マウスコンピューター ドスパラ
CPU Core i7-12700 Core i9-12900KF Core i7-12700
グラボ RTX3080 RTX3080 RTX3080
メモリ 16GB DDR5 32GB DDR4 16GB DDR4
SSD 1TB(M.2 Gen4 1TB(M.2 Gen4 1TB(M.2 Gen3)
HDD なし 4TB なし
電源 1200W PLATINUM 1000W PALTINUM 750W GOLD
マザボ Z690 ATX Z690 ATX H670 ATX
光学ドライブ なし DVD
なし
ケース ミドルタワー フルタワー ミドルタワー
OS Windows11 Home Windows11 Home Windows11 Home
商品ページ 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

PG-PD12 評価まとめ

特徴まとめ

  • 最新規格DDR5メモリ搭載
  • 高品質大容量電源搭載
  • デザイン良し
  • コスパに優れている
  • 納期が遅め

ストームのPG-PD12について解説してきました。

DDR5メモリやGen4 SSD搭載など、最新規格のパーツが採用されているモデルになります。それでいて価格は控えめなのでコスパが抜群に良い。

1200W電源で次世代のグラボにも対応できることでしょう。

RTX3080搭載ゲーミングPCをコスパ重視で欲しいという方にはおすすめの1台です。

ストーム公式サイトで見る

 

 

-ゲーミングPC
-

© 2022 がじぇけん Powered by AFFINGER5